玉城デニーと新時代沖縄

翁長知事の訃報を聞いたのは「沖縄スパイ戦史」を見たあと。ご飯を食べながら、その死を受け止められず、家に戻ってひたすら絵を描き始めていた。SNSに投稿した知事の横顔はたくさんの人に広まった。それほどみんなの心の喪失も大きかったのだと思う。沖縄イジメの国と戦って死んだのだ。郷土の誇りを守るために死んだんだ。翁長さんがバトンタッチしたものは、まさに命のバトンなんだ。そして、玉城デニーさんに候補が決まった。...

慰霊の日「平和の詩」

6/23日沖縄慰霊の日だ。今年の学生代表の平和の詩。相良倫子さん。素晴らしかった。名前からして内地の名前。親は移住者だろうか。中学三年生とは思えない、文学的な表現。しっかりと前を向いて、必死に訴える様な表情に感動させられた。演劇をやっている子だろうか?最初は、表現が抽象的すぎるかなあ、、とも思ったけど。「マントルの熱、、」とか、、、一転して戦争の部分の描写は強い言葉で表現された。「草の匂いは死臭で...

ウーマンラッシュアワー

村本「アメリカに思いやり(予算)を持つ前に!」中川「沖縄に思いやりを持てーー!」村本「ようこそ沖縄へ!」THE MANZAI というメジャーなお笑い番組でウーマンラッシュアワーが怒涛の政治ネタをやった。やりきった!そしてカットされずに放送された。快挙だ。これを見ていた多くのウチナーンチュが泣いたと思う。俺も涙が出た。沖縄はずっとずっと基地反対を表明し続けている。何万人も集まる集会をやったり、基地反対の議員を...

慰霊の日に思う

6/23今年も沖縄慰霊の日がやってきた。慰霊の日の式典テレビで見た。苦痛だ。沖縄の身も心も切り裂くように奪い取った高江。そして辺野古の海を蹂躙している真っ最中。何も使ってないジャングルが返還されたことを面積が縮小されたとアピール。聞いていてムカムカしてきた。沖縄の人を苦しませ続けるのは米軍の事故や犯罪。そこは沖縄に押し付けて見てみぬふり。基地の多さは誰が見ても異常。沖縄にとって一番大事な日にこの男...

共謀罪が通った前夜

共謀罪が通った前夜。議員会館前の歩道。夜を徹して強行採決への抗議が行われる。俺はライブが終わった後、深夜の1時頃についた。途中タクシー帰るつもりだったけど、結局朝の7時ぐらいまでいた。夜通しミュージシャン達は延々と音を繋いでいった。太鼓を叩くもの、ギターを弾くもの、歌うもの。そしてコールを絶やさない若者もいた。みんな、音を繋ごう、抗議の声を途切れさせてはいけないと、マイクをバトンタッチしながら朝ま...

ヒロジが帰ってきた

マッシーデザイン「ヒロジ」。実際に自分で撮った写真をもとにデザイン化しました。沖縄基地問題に関わると、辛いこと、悔しいこと、何度も味わうことになる。でも時々、こういうものすごく嬉しいことが起きる。それは不意に突然起こるものだ。一日中曇り空かと思っていたところに、ふと太陽がさすようなものだ。山城ヒロジが釈放されてとてもうれしい。彼は沖縄の「英雄」であり「良心の囚人」です。彼の問われている罪は「有刺鉄...

オスプレイ安部に墜落

13日午後9時半ごろオスプレイが沖縄で墜落した。場所は安部(アブ)というところだ。うちの奥さんのがつぶやいた。「オスプレイが安部(あべ)に落ちた」ホントひどい冗談みたいだ。安倍政権の北部訓練場のムリヤリ返還式典が迫る中、オスプレイが安部(アブ)に落ちたとは。すぐ近くには安部オール島ってのもある。墜落地点のギミ崎というところは10月の沖縄旅行で行った「ジュゴンの見える丘」から見える場所だった。この丘...

東村高江に参加

東京からネットで高江の弾圧のことを見ているのが辛くてねえ、一泊二日で高江に行ってきたよ。初めて行くこともあって緊張しながらだったのだけども、高江の「N1裏」テントはさ、驚いたよ!まるで秘密基地みたいに凄いところだったよ。この世に存在する本物の秘密基地なんだよ。そこでヤンバルの森の生き物たちの声を聞きながら一泊、朝から現場最前線の抗議に参加して、機動隊と向き合って、人間の鎖に囲われて3時間拘束。終わ...

ハンタン山のアカギ

自分は首里の育ちです。小学校は首里城のすぐとなりにある城西小学校というところ。その通学路、首里城の城壁の隣を歩くのですが、ちょっと不気味な老木がありました。大きな木ですがいまに朽ち果てそうで、だいぶ年寄りの木だったと思います。沖縄の霊能者ユタがこの木に話しかけていたこともありました。そのうち残念ながら枯れてしまったようです。木が岩のようにカチカチになっています。しかし、他の木がそこに寄生して新しい...

弾圧される高江

絵を描いてみた。参院選で自民圧勝の後に始まった高江の弾圧。いろんなことが「すぎる!」自民強すぎ。沖縄米軍基地多すぎ。高江機動隊多すぎ。それが静かに暮らしたいという当たり前の希望を押しつぶしていく「酷すぎ」 人々の政治に対する無関心が沖縄に暴力を振るっている。知念ウシさんの言葉「シランフーナーの暴力」知らんぷりの暴力が沖縄の太陽の下、白昼堂々と大手を振って歩いている。高江区は沖縄の北部「山原(やんば...

慰霊の日に屋嘉節

今年も慰霊の日でしたね。6/23日。牛島司令官の自決した日。でも、このあとも戦闘は続く。沖縄は防波堤になるための持久戦だったから。最後の一人まで戦い抜くといって、戦闘をやめなかった。牛島中将に対しては良い印象も悪い印象もないよ。ただ、首里が陥落したときに降伏していれば、そのあとの南部の戦闘はなかったかもしれないし、そこで10万人が死ななくてすんだかもしれない。避難民がひしめいている南部に軍が撤退し...

海兵隊は沖縄からでていけ

怒りではらわたが煮えくり返る。心臓の動悸が早くなる。呼吸がおかしくなる。このブログを書きはじめてから、最大の怒りと悲しみに震えている。沖縄うるま市での20歳女性の強姦殺害の事件で打ちのめされています。最初にシンザトという報道があった。もしかして沖縄人?ハーフ?と思った。しかし、顔写真は完全に黒人。アメリカ人だった。元海兵隊ということだ。沖縄女性と結婚して嘉手納基地で働いていた。現在は軍人というわけ...

「標的の村」上映会「相馬由里」講演

お茶の水で「標的の村」上映会「相馬由里」講演を見てきました。「標的の村」は8月以降上映が出来なくなるということで見ておかねばという感じで行きました。会場は写真パネルに飾り付けに、本や、Tシャツ、と、凄く盛り上がった感じでした。ヒロコーヒーファームもありましたよー。オスプレイヘリパッド建設で苦しむヤンバルの高江。そしてオスプレイ配備反対の記録です。ついに普天間に配備されることになったオスプレイを見て...

2016年4月辺野古大学2。三上知恵監督

辺野古大学がとても良かったので次の日も見に行った。三上知恵監督。「戦場の止み」の監督だ。マガジン9条のコラムもよく読んでいたし、この方の解説は凄く奥が深いのに読みやすくて、いつも感心していたのだ。レンタカーはマールレンタカー。3000円でオッケーだった。安くて助かるー。送迎もしてくれます。次回もここにしようかな。辺野古には高速道路で宜野座インターでおりる。途中にある大きな干潟。帰りに寄ると潮が満ち...

2016年4月辺野古大学。加藤裕弁護士。和解の意味。

久しぶりの辺野古です。代執行裁判が急転直下の和解になって工事が中止。驚きの展開でした。今の辺野古はどんな感じになっているのか。那覇空港からモノレールで「おもろまち」に行き、いつものように「ニコニコレンタカー」で車を借りようと思ったら、車が全部借りられてるではないか!あちゃー、予約いれとくべきだった。他の店舗をあたったけど2時以降しか借りれないという。しかたないのでDFS(デューティフリーショップ)ま...

在日米軍の沖縄と本土の比率

沖縄の米軍基地が多すぎるっていうのを感覚的に分るようにこういうのを作ってみた。3時間ぐらいかかったよ。我ながら上手く出来たな。四角の面積は実際の基地の面積に比例してます。参考に羽田空港ものせといた。小さな沖縄にいかに米軍基地が集中してるのかが分ると思う。一番言いたいことは沖縄がなくせといってるのは普天間基地だけだっていうこと。普天間がなくなってもまだまだ米軍基地がたくさんあるっていうのがわかると思...

「戦場ぬ止どぅみ」と「うりずんの雨」

キネマ旬報の文化映画部門のベスト10でなんと1位が「うりずんの雨」2位が「戦場ぬ止どぅみ」なんと沖縄の基地問題が2つも。驚きです。どちらもとてもいいドキュメント。この2本を見れば沖縄基地問題がそうとうわかります。「うりずんの雨」は外国人のジャンユンカーマンさんが撮ったので、基地問題の全体像や流れが分ります。わかりやすいです。「戦場ぬ止どぅみ」は辺野古密着で現場の感じがよくわかります。ポスターを見る...

辺野古へのメッセージ

次はいつ辺野古にいけるだろうか。こんど行ったら座り込みのみなさんの前でこういう事を喋ろうと思います。辺野古へのメッセージみなさん。こんにちは。豊岡マッシーといいます。東京から来ました。生まれは宮古です。育ちは首里です。豊岡って名前ですけどウチナーンチュです。東京に住んで28年。沖縄のことはいつも気になっています。離れているからこそ想いが募る。辺野古のことは毎日のようにツイッターで見ています。深夜の...

辺野古キャンプシュワーブゲート前テントに行ってきました

1000円で辺野古に行ける「島ぐるみバス」は県庁前10時出発だから、東京から飛行機だとどうしても無理。ただし飛行機で荷物を預けずに、着いたら速攻で走ってモノレール乗っていけばギリギリ間に合うかもだけどね。結局またもレンタカー。那覇から一直線に向かえば1時間で行けるけど、途中でご飯食べたり、58号線通ったり、ちょっと海よったりすると3時間かかってしまった。着いたのは結局2時です。来たぞ。辺野古。まずは...

ここに座り込め!

辺野古の現場が解る映像。まずはこれをみてほしい。リーダー山城ヒロジ。凄い男だ。命を削って戦っている。言葉を解説すると「ウシェーテル」というのは「バカしている」という意味だ。「ウシェーランケー」で「バカにするな」翁長知事が県民大会で言った言葉「ウシェーティーナイビランドー」はこれの少し丁寧な表現で「バカにしてはいけないぞー」。このへん公式には「ないがしろにしてはいけません」とだいぶソフトに訳されてい...

THIS 三線 KILLS FACSISTS

亀戸であった「命どぅ宝。団結祭り」で歌いました。「イマジン」と替え歌の「安倍の世ユンタ」二胡での「芭蕉布」三曲やりましたー。演説調のトークも少しづつなれてきたかも。普段の沖縄ライブでは基地問題はあんまり触れないので。こういう場所で思いっきりしゃべれたのはよかった。演説調の喋りとは、短い言葉で、解りやすく、聞いている人の共感を得ながら話していくような感じ。(俺)「何々ではないですかー!」(観衆)「そ...

凄かった8/30国会前安保法制反対デモ12万人以上!

これは凄い!国会が近づくにしたがって人の波がどんどん増えていく。デモは2時からなのだが、やっぱり早く来てよかった。ポツポツと雨がときどきぱらつくような天気だったのだが、これは本当に10万人集まるかもしれない。安保法制に反対する市民がこんなに集まっているなんて。嬉しい。勇気が出る。いろんなところからシュプレヒコールが聞こえる。それこそ四方八方、サラウンド状態。こんなに凄いのははじめてだ。一番盛大にや...

沖縄人による基地問題まとめ

辺野古基地建設、一ヶ月の停戦にあたり、複雑な基地問題をツイート風にまとめてみました。時系列バラバラかも。1995年に米兵によるレイプ事件が起きた。犯人は3人の黒人兵。被害者は小学校6年生の女の子だった。アメリカ軍が容疑者を引き渡さないという日米地位協定の壁も問題になり県民の怒り爆発。8万人の大集会に発展。反基地で反戦の大田昌秀が知事だった。日米地位協定とは米兵が犯罪を犯しても基地に逃げ込んでしまえ...