子犬飼い主見つかりました詳細

さてミニチュアピンシャーの子犬、飼い主見つかった話です。子犬を警察に預けてからも、ずっと気になっていたからよ、いろんな考えが頭をグルグルさーねー「最終的に持ち主見つからんければ、もう一回沖縄行って我んが引き取るか〜」「愛護センターに引き取りに行くのって怖いな〜。覚悟きめないと」「うちのフレブルは2匹ともメスだからこの子はオスだしどうしよう」「うちらが東京へ戻る三日後、まだ飼い主が現れなかったらどうするか?」などなど、考える事は犬のことばかりよ。実は二日後にリンケンバンドスタジオでのレコーディングが控えていたんだよね。「リンケンスタジオでレコーディングしてiTuneデビューしよう」という企画に応募していたのよ。リンケンさんも立ち会いますよ。そのために1週間ほど前からいろいろな準備を重ねていたのでした。そしてシーサ玉城が急遽これないというトラブルも発生!かなり頭がパンパンの状態だよ。もう完全に容量オーバー。でも子犬の命が一番大事だからさ。そこだけはしっかりやろうと思ってたんだよね。あとはなるようになれだよ。ほんと「ナンクルナイサ〜!」その日は栄町に行ってソバ食ってビール飲んで寝ました。

次の日もちゃんと起きて、リンケンレコーディングのデータの準備&練習。そして母親の墓参りに行ったよ。家族の健康と子犬のことを心の中で話したよ。そしてら、まさに、その後だよ!。携帯に電話が。098で始まる番号。沖縄からの電話だ。もしや。「豊岡さんですか。届けられた子犬の飼い主さん現れました。お礼を言いたいというので電話番号を教えてもいいですか?」よかったーーーーーーーーーー!警察の方ありがとうーーーー!飼い主見つかった!うれしい!心が晴れ晴れさー。沖縄の曇り空なんて関係あらんどー。母親の墓参りの直後にこの吉報かよ。なんだか助けてもらったのかなあ。不思議な感動だよ。

次の日のレコーディングも無事終えたあとに飼い主さんから電話が来たよ。名護で宿をやっているという男性だった。名前からして本土出身の方かな。那覇の公園に繋いで出かけている間にリードがはずれたようだ。すごく感謝してたさー。命の恩人と言われたよ!よかったよ。ちゃんと愛している家族がいたんだよね。宿のホームページを見てみたよ。おもしろそうな宿ですよ。なんと車いすの方でした。すっごい元気そうな人だ

http://www.sea-wind.com/

HPの上にちゃんとあの子が写っているじゃないか。よかったなあ無事家に帰れて。バーン!とやるとコテって倒れる芸ができるとのこと。こんどヤンバルにいったら会いにいこうかな。解決してみれば自分の悩んでいた時間なんてほんの半日たらず。すぎてみればなんてことないトラブルだった。でもその間に本気でいろいろ悩んだことが貴重な体験だったんだろう。本気で悩むって人生のトレーニングだよな。なんだかいい思い出ができたな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。