オリンパス「LS−20M」使ってみた

動画の撮れるモバイルレコーダー。オリンパスの「LS−20M」最近使ってるさ〜。
結果、買ってよかったです!。いい製品だね〜。満足してます。星4つ★★★★さ〜〜


音質の方はクリアーやっさ〜。かなり高域まで録れてるさーねー。でも低音が小さいかな〜。音が軽い印象があるね。補正しようにもイコライザーの効きが悪い。でも十分すばらしい音で満足だよ〜。

録音レベルの設定がマニュアル!この為に買ったようなもんですこれ。やっぱマニュアルはいいわ。オートみたいに曲の盛り上がりでガクンと音量が下がったりしないしね。リミッターってのもついてるんだけど、三線の音がパキパキってなっちゃうので使ってないね。ヘッドホンの音量が小さいんで、大きめに録音しないとよく聞こえないというところがあるかも。

意外な欠点。風に弱い。野外でちょっとでも風が吹くとボボボ〜とすぐにはいるからよ。専用のウインドスクリーン発売希望。

動画はすごくいいやっさー。いや〜買ってよかったよ。露出や撮影感度など設定ができるんで室内で暗いとこでも、いい感じでとれてる。かなり満足度高いよ。うちの白い犬もきれいに撮れる。液晶モニターもきれいだ。YOUTUBEに投稿しても画質がビデオより少し落ちるっていう程度で必要充分。ただ、この画質だったらフルHDのサイズまでは必要ないかな。ほとんど640 X 480で使用するはず。

そして最大の欠点。カメラレンズと液晶モニタの位置。被写体にカメラを向けると上からモニターを覗き込まないといけない作りになってるんだよ。これが撮影を凄く難しいものにしてます。犬みたいに動くやつは画面におさめるのに苦労するさ〜。なれないと無理だね。だれかに自分の演奏を撮ってもらう時にうまく撮れないかもしれないわけよ。

あと画角っていうのかな。例えば三線を構えて顔も画面におさめるとなるとカメラから2、5mぐらいはなれないといけないのよ。ズームで撮っているみたいな感じさあ。被写体までの距離が必要だから、インタビューとか撮る人は注意したほうがいいね。逆に広角レンズの影響で顔や手が大きく映るんっていうのがないからよ。自然な感じで撮れるということでもあるんだけどね。撮れた映像のことを考えたらこっちがいいかな。

バッテリーは持ちが悪いね。録音は問題ないけど、録画のときはメイン液晶を消すっていう設定にしないといけない。まあそれでも今のところ使っていて支障はないかな。AC充電器が付属してるんで出先で充電できるし、バッテリーを買い足せばだいじょうぶでしょう。

最後にデザイン。なんかカブトムシみたいでかっこわるい。愛着の湧くルックスじゃあないなあ。でも実物は薄いんだよね。この薄さはなかなかいいよ。ポケットに入るからね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。