ロケットストーブ(もどき?)自作してみたさ〜

最近キャンプにハマっているマッシーです〜。なにが楽しいかって、それは「焚き火」さ〜!!そう、焚き火は楽しい〜。焚き火は人間の本能に違いない。焚き火をしていると無条件にワクワクしてくるのだ〜今まで炭火でバーベキューなんかはやってたけど、やっぱり本能に訴えかけるのは焚き火なのだ〜、炎なのだ〜。

調べてみると「焚き火台」っていうのがあるんだねえ〜。いろんな種類がたくさんある。やっぱり焚き火が好きな人は多いんだな。焚き火を楽しみながら、なにか調理もできたら一番いいさあ。

網を乗せて干物や野菜を乗せてみたんだけどよ、煙でススはつくは、直火でこげるは、火は消えるは、炎をコントロールするのは難しいよ。だから人間は「炭」を発明したのか〜って納得したりして。

焚き火で料理するには、いい感じで完全燃焼みたいになってないとできない。焼いたりは難しいけど、煮ることはいけるんじゃあないか〜。そんなこんな考えているときにこの存在を知りました。

「ロケットストーブ」

ロケットのように炎がゴ〜〜〜とでるのだ。なんじゃあこりゃ〜。薪がすご〜くよく燃えるという!煙も出ない。完全燃焼なのだ。薪が真っ白な灰になるという。これはすごいぞ。

煙突状のものがあると上昇気流が周りの空気を吸い込み、薪がよく燃えるというのはあるんだけど、ロケットストーブは煙突状のものの周りにに断熱材がついているというのがミソらしい。そしてこれは、そういう商品が売ってるわけではないのだ。いろんな方が自作しているのだ。そんなに難しくないようだ。ということでマッシーいてもたってもいられなくなり自作してみた

ホームセンターで買ってきました。L字のステンレスパイプ。ペンキ入れみたいなブリキ缶。2つで1000円くらい。安い!まずキリでふたに穴をあけて金切りバサミで切っていきます。

IMGP6089.jpg

裏返すとこんな感じ。

IMGP6090.jpg

合わせてみます。なかなかいい感じでフィット。

IMGP6091.jpg

ブリキ缶の横っ腹も穴をあけます。曲面どうしなので難しい。

IMGP6093.jpg

パイプを入れます。なんからしくなってきたぞ!

IMGP6094.jpg

少しスキマが。あとでなんとかしよう。

IMGP6096.jpg

さっそく割り箸を燃やしてみる。炎が煙突の方に吸い込まれてます。

IMGP6100.jpg

ガスコンロのゴトクがピッタリフィットだ〜

IMGP6108.jpg

小枝をひろってきて燃やしてみます。

IMGP6103.jpg

鍋でお湯が沸きました〜。やった〜。とりあえず成功!

IMGP6106.jpg

ということで、いい感じで燃えてはいるんだが、これはロケットストーブなんだろうか?ゴーと燃えているわけではないし、煙突も短い。断熱材入れてない(本来はステンレスパイプとブリキ缶の間に断熱材の園芸用パークライトを入れる)ロケットストーブまではいってなくて煙突効果の焚き火コンロという感じかも。しかし、お湯は沸くし、煙も少ししかでない。とりあえず実用には使えそうだ。焚き火でなにかを煮る!という最初の目標はできそうだ。これで次回のキャンプは料理をしてみるぞ〜

続きロケットストーブ(もどき)使ってみた
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント