MacでWalkmanにしてみました

100512_1138~010001.jpg


長年MacユーザーでiPodを愛用してたんですが、ステージでオケとして使うとき、いくつか問題点があったんです。

●自動スリープ状態になるときに「ボン!」という大きな音がする。
●クルクル回すクリックホイールでのボリュームの調整がやりにくい。
●クリックホイールで1曲次っていう選曲が難しくよく間違える。

ということで、悩んだ末、乗り換えることにしました「walkman NW-S644」。外観はiPodにもひけをとらない高級感あるおしゃれなデザイン。そしてボタンの操作感もとてもいい。クリックホイールでないため、1曲1曲が確実に選曲でき、また縦横スクロール方式で大量の曲も意外に素早くアクセスできます。そしてボリュームボタンが別なのがうれしい。

Macにつなぐとすぐにアイコンが現れ、フォルダーをドラッグ&ドロップで転送。スピードも速い。これならiTuneが使えなくても問題なさそうだ。そして最大のウリ。音がいい!。付属のイヤホンもすごくいいものが付いてくるため、そのまま聞いてもほとんどの方はなっとく以上の音質でしょう。

次は「walkman NW-S644」悪い点ですが…

●最初のHOME画面のアイコンのデザインなんとかしてほしい。
●iTuneのタグ変換というところでv2.3というのに変えないといけません。
●iTuneストアで買った曲は聞けないです。これはなにか裏技でmp3に変換するしかない?
●10分後に自動スリープすることが判明!。これはちょっとやだな〜。

そして最大の問題点。ジャケットが表示されないー!。mp3そのものにジャケット写真のデータが埋め込まれていれば表示されるようなのだが…、解決作いまのところ見つからないです。(mac、OS10.4)これはなんとかしなければ。

その後

iTuneでアルバムの曲全部を選択して「⌘I」で「複数の項目の情報」を表示。アートワークにJpegのアルバムジャケットのファイルをドラッグ。これでWalkManでもジャケが表示されるようになりました〜。

スリープ状態になるときの「ボン」という音はしません。ライブでの使用は良好ですね。ただ機材によって鳴る場合があります。 深いスリープ状態から電源が入るときは「ボン」が鳴ることがあります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。