ジャニス4日目

ジャニス4日目です。今回は外した作品が多かった。

ジェネシス/トリックオブザテイル
ジェネシスの傑作群の中でも一番優しさに溢れてますね〜。はかなくも美しい〜。

フォーカス/ハンバーガーコンチェルト
初めて聞きます。バロック音楽みたいなオープニングに期待が膨らむも、2曲目のイエイエイエなロックナンバーに、ん〜〜どうもな〜。これは面白いんだろうか。一応大傑作と言われてるんでもう一回は聞いてみます。

キャメル/ムーンマッドネス
初めて聞きます。ん〜これもなあ〜こないなあ〜。一応最高傑作と言われております。

カン/タゴマゴ
うわ〜〜これはやっぱ凄いなああ。特に6曲目の「Peking O」ぶっこわれたおもちゃが部屋中飛びまわっているような、もう頭の中がこのジャケみたいになってしまう。とんでもない傑作アルバムです。

ジャニス4

ヴァンヘイレン/ヴァンヘイレン
プログレばっか聞くのもそろそろ疲れてきた〜。おお〜なつかしい。ギターがかっこええ〜。ボーカルかっこええ〜。コーラスがなんてさわやか。いやされました。

ギャング・ギャング・ダンス/アイコンタクト
さて今の音楽も聞くぞ〜。前作「セイントディンフナ」のセンスのよさに度肝抜かれたGGD。前作よりちょっと普通になったかもしんないけど中国とかインドのポップスみたいな感覚が面白いね〜

キングクリムゾン/コンストラクションオブザライト
ディシプリンみたいなギターが増えてます。かなり力作だけどドラムがシンセドラムなのがいやだなあ。

ストラヴィンスキー/春の祭典 指揮リッカルド・シャイー クリーブランドオーケストラ
プログレが好きなら結局クラシックを聞けばいいんじゃないということで。ストラビンスキーはプログレとクラシックの架け橋ですね。面白い!濃密!

ガイクルセヴェク/ザウエルタンバードアコーディオン
昔友人に聞かせてもらった超絶面白いアコーディオン奏者。これはまっとうなアコーディオン作品でした。

ブラフォード/フィールズグッドトウーミー
壮絶な演奏ではあるんだけどいまひとつか。ワンオブアカインドみたいにいい曲がないなあ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。