沖縄の改名した名字

自分のこの豊岡という姓。沖縄の人ならすぐに気がつくんだけど、沖縄の名字ではないさーねえ。実は私のお祖父さんが改名しているわけさあ。沖縄では時々あるんだよ。改名した名字が。例えば島袋さんを島さんに変えたり。玉城さんが玉木さんになったり。

うちの、もともとの苗字は豊見山というそうだ。おじいさんが、むかし職員研修で兵庫県の豊岡市にいったことがあるという。そこにちなんで豊見山を豊岡に変えたのだそうだ。豊岡市といえばかばんの製造が有名。また大きな水害でもニュースにでていた。自分も同じ苗字ということで一度は訪れてみたい場所だ。

こういう苗字を改名するということ。これは強制されたとかいう話ではないさあねえ。ただ沖縄的なものは悪いものとされた時代だったからさあ、本土風にする人もいたわけ。特に本土では沖縄差別もあったから、沖縄出身っていう事を隠して生きている人もいたわけよ。沖縄のお笑い「ゆうりきや」がやっている「あなた沖縄の人でしょ」というネタ。「ちがいます」といっても、どうしても沖縄の方言を無意識に使ってしまうというやつ。これも根っこはそんな悲しい過去が関係してる。

自分のおじいさんは宮古島で小学校の校長先生だった人だ。沖縄が早く本土に追いつかなければという立場ではあっただろう。沖縄から本土に就職した時、立派な標準語も使えなければならないし、沖縄の変わった名前で恥ずかしい思いをさせたくなかった。自分の子孫のためを思って大和風な名字に改名したのだろうか。ただ豊見山っていう名前があんまり沖縄っぽいわけでもないからさ。どうして変えたのか?真意は分からないんだけどねえ。

toyooka_hyoushiki_tei.jpg

このまえ千葉に行った時、豊岡海岸っていうのがあった。このあたりはそういう地名が多い。自分の名前が地名についていると妙な気分だ。ライブで行く鶴見でも豊岡っていう地名があるし、全国にちょくちょくあるみたいだ。やっぱり自分も豊岡っていう苗字には愛着があるわけさ。初めての方とメールで話す時には沖縄出身ですとつけくわえなければならないけどね。

応援ユタシクうにげーサビラ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。