沖縄の本土復帰40周年への想い

沖縄県は40才になったさあ。本土に復帰してから40年。復帰してよかった、日本に戻ってよかったと沖縄の大半の人は思っているよ。生活が良くなったとか、本土にもパスポートなしでいけるし、日本の方がたくさん沖縄に旅行に来てくれるしね。でもさあ、やっぱり基地はなくならんさあ。あれは、戦後にアメリカーに無理矢理取られた土地なんだよ。そして米兵が大勢沖縄にやってきて、犯罪をおかすは、事故をおこすは。犯人が捕まっても基地の中に逃げ込まれたら終わりよ。アメリカに帰られたら泣き寝入りさあ。日米地位協定っていうのがあるわけよ。これのおかげでひき逃げしても無罪なんてことがあるわけさあ。こんな理不尽なことを日本政府は改定しようなんてこっれっぽっちもしてくれないよ。基地を押し付けて金をばらまいて基地がないと生きていけない沖縄にしようとしているわけさあ。沖縄の人が復帰したかったのは基地のない平和な島さあ。そのために平和憲法のある日本に戻ろうと一生懸命に日の丸を振ったんだよ。でも基地はまるまる残った。それで沖縄の人は日の丸が大嫌いになったんだ。沖縄の人はずっとずっと基地に反対し続けてきたさあ。そんな沖縄に向き合ってくれた首相もいたよ。小渕総理や橋本総理。最近では鳩山総理。でも沖縄に基地を置きたい勢力の怒号に引きずりおろされてしまった。マスコミは鳩山批判をあおって、沖縄県民もうらぎられたとかいって乗せられてしまったさあ。次の首相が沖縄のことを考えてくれる人なわけないのにね。沖縄県民もだれが味方で誰が敵なのか考えないと。結局、普天間基地は無くせなかったが、県外移設!って大声でいえるようになったのは少し進歩だよ。沖縄は青い海と白い砂にかこまれた素晴らしい島だよ。歌と踊りの文化が花咲く島さあ。それがアメリカ軍に加担し続ける島でいいのか。俺たちの島から飛んでいった飛行機がどこかの市民を殺してきたかもしれない。悲しみに怒りに震える遺族の前で沖縄は「命どぅ宝」の島ですと胸を張れるのか?沖縄が本当の癒しの島になるのはいつの日だろうね。そんな日がくる事を信じているよ。NO BASE ! NO WAR !
スポンサーサイト