日中が揉めて得するアメリカ

尖閣諸島で争えば日本も中国も損をするだけだ。日本企業は大損害を被り中国は民度の低さを世界にさらす。漁夫の利を得るのはアメリカだ。アメリカにとってここはかなり使える島だ。ちょっと揉め事を起こせば日本と中国を簡単に喧嘩させることができる。軍事的緊張が増せば日本にアメリカ軍の基地が必要となるし、沖縄の猛反対に関係なくオスプレイも仕方ないという流れになる。軍需産業は金儲が続けられる。この欠陥機にかかった莫大な費用の元も取れるわけだ。そして中国から日本企業が撤退してくれればアメリカはこの巨大市場にどんどん入って行くことができる。反日暴動はアメリカにとっていいことだらけだ。中国の過激派も日本の右翼もいいように乗せられてるだけじゃあないのか。こんな時だからこそ日本では中国人、韓国人に親切にして欲しい。そうすれば感激して国に戻った時に日本はいいよと広めてくれる。そういう人たちがいつか中国の民主化を成し遂げて欲しい。日中韓ががっちり手を組めばこんないいことはない。これこそが本当の国益ってもんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。