ついにオスプレイが沖縄に来てしまった

オスプレイがついに沖縄に配備されてしまった。悔しい。悔しいなあ。常にこうやって沖縄は悔しい思いをし続けているんだ。住宅密集地にある世界一危険な普天間基地に未亡人製造機と呼ばれた危険なヘリが配備される。本土復帰40周年の記念の年だというのに。


沖縄中が怒っている。保守派の仲井真知事も怒っている「自分の頭の上に落ちてくるかもしれないものを誰が分かりましたと言えますか?」ほんとうに県民無視。人権無視。



150メートル以上で飛行、人口密集地の上は飛ばない、などの運用ルールがあるそうだ。しかしそんなものは無視されるに決まっている。アメリカ軍は沖縄のことは植民地としか思っていない。10万人も集まって抗議したのに、全く無視だよ。連中は痛くも痒くもない。沖縄の運動は非暴力直接行動に移っていくしかないのだろう。普天間基地のゲート封鎖に人が集まっている。これがどんどん膨れ上がって欲しい。沖縄頑張れ!

スポンサーサイト