iPad2自力でガラス交換にチャレンジ

やっちまった!ライブの準備であたふたしてる時にiPad2を床にポロっと落としてしまった。ガラスにヒビ入ってしまったー。ショック!



ガラス交換修理に出すと15000円ほどかかるらしい。それなら28000円でiPadminiを買っちゃった方がいいか?でも最近スタジオモニターやらマイクやら出費が多かったし。と悩んでいたところ、ネットに自力で修理できる方法が。結構難しそうだけどガラスはAmazonで6000円ぐらいで買える。これはやってみよう。

ガラスを外すのが大変らしい。いろんな方のブログで研究してから取り掛かる。ガラスは両面テープでガッチリついているようだ。ドライヤーを熱くなるまであててカッターを差し込んでみる。とりあえず、刃が入らないんだけど。難しい。



なんとか刃が入った。熱で粘着が弱くなったところに刃をゆっくり差し込んで行く。ギターのピックを挟んで再度つかないように。



このガラスが砕けるところが厄介だ。最初はすでに割れているところから砕きながら取り外して行けばいいかなと思ってたんだけど、ゆで卵の殻のように、砕けてしまうと破片を一個ずつ取り除かないといけないので大変。新聞紙を敷いてガラス表面もセロテープで固定する。それでも粉のように小さな破片が散らばってしまいます。ドライヤーで破片が飛ばないように注意しつつガラスをパキパキ割りながら少しずつ進んでいく。割れてないところは若干はがしやすい。難所がホームボタンの右側あたりにあるWi-Fiのアンテナ。それとボリュームのところの線。これを切らないように注意とのことなんだけど、線は見えないし、ガラスはばきばきだし、両面テープは強力だし難しいよこれ。



やっとガラスが外れた。2時間ぐらいかかった。Wi-Fiアンテナは無事だがボリュームのとこは切れてしまった。

両面テープの粘着と細かいガラスの破片がまだまだたくさんついている。これをシール剥がし液を綿棒につけてきれいにしていく。これも時間かかる。焦らずのんびり行きましょう。



おおっと、このパーツはいるのか。ガラスとアルミボディの間の部分。砕けたガラスといっしょに捨ててたんでゴミ箱ひっくり返して探し出す。シールはがしできれいにしてから両面テープで付け直す。



ホームボタンをガラス面に付け直す。ここは簡単だった。あれ、この部品はどこ?しばらく悩んで判明。自分撮りのカメラのとこでした。



Amazonから届いたガラスを着ける。感触がアクリルっぽいんで偽物なんじゃないかと一瞬心配になったが、こういうもんだね。紙みたいなペラペラのケーブルを付け直す。ここのロックとかが小さ過ぎて見えないんで拡大鏡を見ながら作業する。よくこんなのでつながってるよなあ。

両面テープをつけていよいよ貼り付け。液晶モニターのホコリや指紋、ガラスの粉をキレイにしてからガラスの裏側の保護シートを剥がしてサッと着ける。緊張の一瞬。



やっと治った~!長い道のりだったよ。二日かかったけど6000円で済んだ。また、わざと白のガラスにしたのでホームボタンとフチが黒。個性的なiPad2になったぞ。

ボリューム&スリープのとこの線は切ってしまったので使えない。ボリュームはマルチタスク画面でできるから大丈夫。画面回転ロック、スクリーンショットはasistive touchでできる。スリープはフタの開け閉めでできる。フリーズしちゃったらどうなるんだろうか。iTunesから復旧できるのかなあ。そこが心配。

やっぱりiPadにはケースは必要だね。美しい外観を隠したくなかったんでアンチケース派だったんだけど、やっぱりケース買うわ。今まで数回落として大丈夫だったんで丈夫だなと思ってたんだけど、割れる時は割れるんだねえ。ということでケース買ってきました。今回は背面から落としても割れたから全体を覆うやつを買って、早速iPadにはめてみた。これは、お、重い!はめてから気がつく。やっぱりiPadminiを買うべきだったか?



次の日カミさんがiPadminiを買ってきた。ちっちゃ~い。軽ーい。自分のiPadがノートパソコンに見えてきた。

ということなんだけど、結果6000円で済んだし白地に黒ボタンの個性的なiPadになれたし、フリーズの問題もなんとかなると思うので、やって良かった。よりiPadに愛着が湧いたね。マイPadになった気がするよ。

やらない後悔より、やった後悔。やさ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。