初めて雪を見た思い出

昨日は東京も久しぶりの大雪ということでね、朝起きて真白な世界に感動したねえ。次の日は天気も良く、雪と青空の組み合わせはスキー場に来たみたいでウキウキするよ。早速近所の公園でうちのピータンとポンタを写真に撮りました。



初めて雪を見たのは中学の修学旅行。九州の阿蘇山に行ったとき。残雪がちょこっと残っているというぐらいだったけど初めて雪に触れたウチナーンチュは大喜びで生まれて初めての雪合戦だーとテンションが上がったものだった。

それから大学受験で東京に出てきた時、初めて降っている雪っていうのに遭遇した。空から白くてヒラヒラしたものがそこら中に降っている、地平線の向こうまで全部、世の中全部に、白いものが降っているっていう光景。本当感激した。まるで奇跡を見るような気持ちで見てた。初めて雪をみるっていう感動は、例えば世の中すべてに紙吹雪が舞っていたら凄いと思うんだよね。そういうものを見ることと一緒という感じかな。沖縄の雪を見たことのない人にはぜひ見せてあげたいなあ。ほんと雪が降る光景は見たことない人には奇跡だからね。

沖縄では雪は降ったことがあるのだろうか。観測記録としては降ったことはないようだ(みぞれはあるみたい)でも雪が降ったのを見たっていう目撃談はあるんだよね。それがみぞれだったのか本当の雪だったのかはわからないけど。

沖縄で雪が積もるぐらい降っちゃったら本当に奇跡だろうけど危険極まりない。初めての雪に滑って転ぶ人、車やバイクの事故、階段から落ちる人、骨折する人や亡くなる方も続出すると思う。雪も沖縄にとっては本当の災害だろうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。