macbook(mid2010)dvdドライブ自力交換

長年イチャリバCDを焼いてきたmacbookのCDドライブが遂に壊れたさ~。慌てて安い外部ドライブを買ったら全然認識しないじゃないか。macbook用って書いてあるのによ。あれ、よく見たらMacBook air専用ってなってた。他の機種には使えないの?なんでかよ。電源不足なのか?USBでは動かないのか?いろいろ調べたけど、ん〜わからん。

というかいろいろ製品調べて分かったことは光学ディスクドライブを使わない方向に世の中シフトしてきているっちゅうことだねえ。音楽もソフトもネットからダウンロードってことか〜。そんな未来がきてるんだねえ。しかし自分はまだまだCD焼かないといけないし、ジャニスからCDレンタルしないといけないし、CDドライブは必要だよ~。



ということで内臓DVDドライブ自力交換にチャレンジさ~。結局これが安くて性能もいいようだ。それにはまず自分のmacbookがなんてやつなのか調べるとこからスタート。これがいろんな表記の仕方があって解んないんだよなあ。

「MacBook mid2010 ユニボディ MC516J/A」ということでした。

そして使う内蔵DVDドライブは「Panasonic UJ-898」 ということが分かった
こちらのサイトが大変参考になりました。ありがとうございます。

「give IT a try」
http://blog.jnito.com/entry/20120405/1333580086

そしてこちらの英語のサイトの手順に従えばできるとのこと。丁寧に写真が乗ってます。

「iFixit」
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook-Unibody-Model-A1342-Optical-Drive-Replacement/1673/1

ドライブの値段は5000円ぐらいです。直接秋葉原のmac専門店「秋葉館」に買いに行きましたよ。
http://www.akibakan.com/BCAK0062876/
「UJ-898」がない代わりに「UJ-8A8」というやつが売ってた。これが後継ということのようだ。店員さんに一応確認。
uj8a8.jpg

さていよいよ分解~「iFixit」のサイトをipadで見ながら進めます。精密ドライバーのプラスのネジで二箇所ほど凄い硬いとこがあります。ドライバーは細くて力が入らないしネジをなめちゃったらマズイいしペンチも使って慎重になんとか外しました。精密ドライバーは頑丈なやつがいいかもです。初めて使う六芒星のネジは問題なし。サイズはT-8というやつです。一番安いドライバーでもいいかも。

ここがちょっと難所。すごく奥まったとこに小さいネジがあります。ネジが落っこちないように「give IT a try」さん方式、スティックノリでネジを確保。



そして最大の難所。これがちっちゃくて壊しちゃいそうで怖い。写真はボケててよく見えませんがはずれたところです「give IT a try」さんのサイト参考に精密ドライバーのマイナスを使ってテコの原理で外せました。



これでもうあとは楽ですねえ。つけ直すのは指だけでもパチパチつけられるしネジをちゃんと整理しておけば楽につけ直していけます。



1時間で終了。予想より早かった。ipadガラス交換は二日かかったから、それに比べたら全然楽だったよ。ドキドキしながらCDを入れてみる。再び聞くウイーンというシャープな動作音。おお感動だ~。自力交換やって良かったさ〜
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。