川崎の沖縄県人会イベントまるで沖縄

先日は川崎での沖縄県人会のイベントにマッシーソロで出たんだけど、これがディープで楽しかった。まるで沖縄の田舎でやってるみたいな雰囲気がある。こういう催しができるのは沖縄県人が多い川崎ならでは。

6/15(土)綾心(あやぐくる)@鶴見
豊岡マッシー
川崎沖縄県人会館ホール(川崎区中島2-3-3沖縄会館2F/044-233-8584/前1000円/当1200円/15:30会場16:00開演

場所はこちら。川崎沖縄県人会館ホール。ネットには川崎沖縄県人労働文化会館となっています。駅からは遠いです。川崎競輪場の近く。20分ぐらいかかったかな。バスが走ってるみたいだからそれをうまく利用するといいかもね。赤瓦の公民館みたいな感じです。



演目は琉球舞踊、沖縄民謡、鶴見エイサー、ブラックシーサー(ベンチャーズ系上手い)などなど、琉球の芸能文化とスピリッツを通じて人々の絆を深めるイベントとのこと。なんと毎月開催予定。今回で4回目だそうですよ~。

中はこんな感じ。カーペットに長テーブルの座敷スタイル。いいでしょうー。ステージは体育館テイスト。このシチュエイションだけでもワクワクしてくる。



沖縄県人会ということで舞踊系がとても充実してます。いろんな教室が参加しているみたいですが皆さんハイレベル。こういうの普通の沖縄イベントではなかなか見れないよ。沖縄文化が継承されているのは川崎ならではだなあ。



民謡やエイサーも盛りだくさん。衣装に着替えた出演者たちが入れ替わり立ち替わり楽しい。



こういう流れでマッシーもソロでやりました。二胡のなりやまあやぐ、三線世界一周メドレー、生まれ島や。カチャーシじゃないのに踊る方もいてビックリです。

地元に住んでるウチナーンチュの皆様が7割ぐらいいる感じ。ファミリー感出てますよ。沖縄フリークこそ来たら絶対楽しいよ。隣り合ったおじい、おばあから沖縄ならではの話が聞けるかも。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。