主人公は僕だった 90点

主人公は僕だった [Blu-ray]

凄い!。斬新なストーリーだ。トゥルーマンショーみたいな感じかと思ったら、マルコビッチの穴のみたいに奇抜な脚本。おしゃれでグラフィカルな映像。登場人物もみんな魅力的。冒頭の歯磨きのシーン。口の中からのショットなんて初めて見た。主人公の行動が実は誰かによって作られた物だったっていうようなメタフィクションな設定なんだけど、作者自身がまた同じ物語の中にいるっていうのが面白い。そしてこの物語が傑作になるためには主人公は悲劇的な死を迎えなければならない。これは運命なのか。単なる創作なのか。終盤は出撃の日を待つ特攻隊員のように悲壮感ただよってくる(ここにかぶさる美しくも悲しい曲はヴァンゲリスの「動物の黙示録・海辺の少女」)ラストを退屈に感じる人も多いと思うが、物語の結末を映画そのものが否定するっていうようなかつてない終わり方だと思った。この映画が傑作になるよりも平凡な日々の小さな幸せの方が素晴らしいっていうメッセージに心打たれた。最後まで全貌をあらわさない執筆中の作品も、ちっとも傑作に見えないのが可笑しい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。