さらば我が愛 覇王別妃 90点

さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]

93年カンヌ映画祭パルムドール。こんな世界レベルの傑作を作れる中国がうらやましいなあ。迫力のある作品だ。同性愛の映画だと思って避けているあなた。見ないと損だよ。京劇で覇王と姫を演じる2人の男。ディエイーは中性的なルックスのため女形として訓練を受ける。少年達の養成所は虐待ともいえるほどに厳しい。その中で女として行きていくしかなかった。口にキセルを突っ込まれ血を流しながら女性のセリフを暗唱するシーン。なんと辛くも神々しいシーン。目をそらせない迫力がある。いつしか舞台での二人は夫婦のような間柄になる。しかし覇王を演じるシャオロウが愛したのは娼婦のジューシェン。この三人の愛憎が中国激動の50年を通して描かれる。日本軍による支配。国民党に共産党。権力者は変わり、価値観も変わる。特に文化大革命での自己批判させられるところ。なんとも悲痛だ。それでも途絶える事のなかった京劇という文化の力。けたたましい鐘の音に甲高い京胡。ハイトーンの独特の歌い方。目もくらむような衣装。全部で3時間近い大作だが最後の方が性急すぎてダイジェストみたいに時代が過ぎてしまった感がある。あと15分ぐらい必要か。そこが少し残念。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。