スピードレーサー 70点

speed_racer.jpg

うわ〜、これ映像が凄い事になってるねえ。日本アニメの「マッハ55」の実写化ですー。なんかあんまり評価がよくないんで今まで見てなかったんだけど、もうひっくり返したあめ玉のようにカラフルでアメリカンポップカルチャーが大爆発。色彩だけではなく演出とか見せ方もそうとう斬新。町を車でゆっくり走るシーンなんかも背景の家や木々がCGで再構築されててピクサーアニメでもないゲーム画面でもない独自の映像になっている。マスキングされた人物で背景が横にスクロールするように画面転換したりするのはなんと表現すればいいのか。動くコラージュというような斬新な演出だ。ウオシャウスキー監督の天才ぶりにクリエイターはもの凄い刺激をうけると思うよ。正直ついて行けなくて再度鑑賞。ストーリーは子供向けのようにシンプルなんだけど回想シーンを同時に描いたりしてかなり工夫された脚本になってます。

ただこの映画の最大の欠点。それは肝心のレースシーンがなにをやっているのか分らない!スピードが早すぎるんだよ。あとカメラがブレすぎ。レースの抜きつ抜かれつみたいな興奮が伝わってこない。動きも軽いんでゲームのデモ画面を見ているように頭に入ってこない。大事なシーンはじっくりスローにするとか、各レースのサスペンスの要素を絞ってうまく演出できてればマトリックスに並ぶ傑作になっていたのに残念。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。