ウエルカムボードできるまで。

ライブでのお客様から結婚式のウエルカムボード制作の依頼を受けました。こういうのってやってみたかったんだよねー。完成品はこちら↓。じぶんでもやってて凄く面白かった。こういうの仕事としてまたやってみたい。

welcome.png


さて、その出来るまでを紹介しますね。まず新郎新婦様の写真を送ってもらいます。携帯で十分です。お二人が並んでいる必要はないのでお互いに撮ってもらってマッシーにメール添付で送ります。光源の方向は同じ方がいいですね。フラッシュは使わないでください。正面から光が当たるとよくないですから。服装やお化粧は気を使わなくて結構です。いいやつを5、6枚送ってください。そこからセレクトします。この写真が重要ですのでこれぞというのが決まってから絵の制作にはいります。

フォトショップとワコムのペンタブレットでかいていきます。

これが最初の状態。うわ〜落書きみたい。いつも最初はこんなもんですが自分でも描けるか心配になってくる。



もうちょっと描きこんでいきます。ブラシの設定は鉛筆が好きですね。



フォトショップにはナビゲーターという小窓があるのですがこれがすごい便利。部分に集中して描いていくと全体のバランスが崩れたりするんで、この小窓で全体を見ながら描いていきます。この機能は欠かせません。



次に新郎様を書いていきます。



眼鏡は別レイヤーに描きます。



鼻の下って難しいんだよねえ



ここでいったん切り上げて次の日です。数時間な作業を4日間ほどに分けて描いていきます。
新婦様をもうすこし描きます



元の写真が少しボケていたので他の写真を参考に。二重の部分を描いて行きます。



目の中の光を描いてるときが一番楽しいですね。目をキラッとさせると、その瞬間に似顔絵に生命が宿るんです。



だいぶ出来てきました。まだ新郎様の眼の辺りが不自然かな。背景は自分が以前に描いた絵を切り取ってコラージュしていきます。それを元に描きます



部分を無心に描いていきます。描いているうちに元の絵は塗りつぶされてしまいますが雰囲気が残るんだよね



自然や生命、植物みたいなイメージですね。



ウェルカム。新郎新婦のお名前、式の日付をいれますー。これでだいたいできあがり。



しばらくおいてから改めて気づいたとこ直していきます。自宅のプリンターで出力して感じをみます。画面で見てるのとまた印象が違うんだよね。

最終はネットのデジカメプリントのA4サイズで出力してご自宅へ発送します。エバービューティー ペーパーという用紙で色が長持ちするそうです。さらに上のクラスでクリスタルプリントというのがあってフィルムにプリントするので光沢がきれいです。最終データもcd-rかメール添付でお渡しします。額はご用意ください。ダイソーで売っている額もシンプルisベストでおすすめです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。