華麗なるギャッツビー 70点

華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

バズラーマン監督は好きだしディカプリオ主演なのだがあまり興奮できなかった。パーティーシーンはスーパーゴージャスでまあスゴイのだがCGっぽい画面やカメラの動きにいまいちノレなかったかなあ。これで人間がマンガチッックにキメキメで突っ走ってくれればいいんだけど。ギャッツビーも笑顔で振り返る登場シーンはいいんだけど、その後、特に活躍しないし、カリスマチックでもないし。よかったのは最初のデートのときの狼狽ぶりぐらいだろうか。彼女にふられることを恐れるあまり待ち合わせの3分前に帰ろうとする。弱い面や寂しいシーンのほうが印象に残る。なのでギャッツビーに魅了されるトビーマクガイヤーの役にも共感できず。後半、人間関係が動き始めてからドラマが盛り上がるんだけど、その下地になる前半の人物描写が弱かったかねえ。元の原作が映画に向かないのか。十分にレベルの高い作品ではあるのだが、バズラーマンに期待しすぎたのでこの点数。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。