ミッション8ミニッツ 85点

ミッション:8ミニッツ [DVD]

これは面白かったですねー。このDVDジャケアートの感じからアクションSFみたいなノリかと思ったけど、かなり違ってたねえ。タイムスリップとかパラレルワールドものなんだけど「月に囚われた男」のダンカンジョーンズ監督ということで、一般的なエンタメ作品とは一味違う。そしてオリジナリティあふれる脚本がすばらしい。設定はSFながらサスペンス&ヒューマンドラマだったねえ。

主人公は爆破テロのあった電車に8分間だけ戻れる。死んだ乗客の記憶の残像が8分あるんだよね。それで再構築したバーチャルな世界で犯人を探すわけだ。失敗して電車が爆破されるとまた8分前にもどる。なんども繰り返すうちに少しずつ学習していって犯人にせまっていく。これはゲームを繰り返しやるのと似てる。時間切れ、ゲームオーバーになってまた最初からリスタートみたいに。そしてその度にだんだん乗客のことがわかってくる。同じ席に座っている女性のこともだんだん好きになってくる。8分間しか生きれない人生を繰り返すことでより良く生きたいと思うようになるわけだ。

最後に主人公があることをして画面がストップモーションになるんだが、ここが凄い感動的なシーンになってます。涙が止まらないほどです。SFな設定でここまでヒューマンな感動を得られるとは意外だった。SF映画歴史に残るる感動の名シーンではないだろうか。(その為にあの嫌な性格のコメディアンがいたのか!)

ここで終わっても良かったぐらいだが、そのあと不思議な感じになっていく。最後はいくつもの枝分かれした世界の中のひとつなのか、タイムマシンのように過去を変えたのか。現実世界から主人公に指示を出す女性にメールが届くっていうのもなんとも不思議な感覚だった。理屈的にはよくわからなくなるのだが、量子力学の不思議な理論が背景にありそうな一種の天国世界なのかもしれない。幸福感のある終わり方が余韻を残します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。