世界最速のインディアン 90点

スマイルBEST 世界最速のインディアン [DVD]

面白いねえ。最近見た中では一番好きだなあ。実話ベースの話なんだよね。ニュージーランドのバイク狂の63才のおじさんがアメリカでのスピード記録に挑戦する。ボロボロのバイク「インディアン」を極限まで改造し想像を絶するスピードで爆走するさまが圧巻。このバイク、オイルのキャップがコルク栓とか、タイヤの溝を自分で削る(しかも隣から借りてきた包丁で)とか、もう手作り感満載。スピードメーターがないので何キロでるのかわからない。そんなバイクが最新鋭の技術でつくられたマシンの中で偉業を達成していくのはほんと感動です。といってもこの映画、バイクを知らなくてもまったく問題ない。メインは旅で出会ういろんな人々との交流だ。これがとてもいいんだよねえ。モーテルの受付のゲイとか、荒野で一人暮らす未亡人とか。基本的にいい人ばかりなんだ。彼らとの交流、出会いと別れ、砂漠の一本道をおんぼろ車でトコトコ進んで行くロードムービー。こういうのいいねえ。主人公アンソニーホプキンスのキャラが最高。子供のような情熱を持ちながらナンクルナイサという感じであまり計画性のないとこが面白い。バイクを牽引するキャリーを現地調達で作っちゃったりとか。こだわりのオヤジで偏屈だけど周りと対立するほどでもない。なんともいいオヤジをアンソニーホプキンスが好演してます。やっとたどり着いたスピードの聖地「塩平原」が素晴らしい。真っ白な大地に夜が空ける。これからレースが始まる前の静寂。神々しいシーンだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。