レスラー 85点

レスラー [Blu-ray]

ブラックスワンが良かったのでD・アロノフスキー監督の前作も鑑賞したさ〜。面白かった。かなり男の哀愁な映画だ。映像が独特だねえ。ホームビデオっぽい感じ。これがまた哀愁ただようんだよね。主人公の後ろをストーカーするようなカメラワークもでてくる。これはアロノフスキー監督の得意技なんだねえ。この監督はやっぱりいいねえ。全盛期を過ぎたプロレスラーが主人公。本物のプロレスラーとかわらない体つきのミッキーロークが凄い。なかなか人生がうまくいかない不器用な男なんだよ。家賃も滞納してるし、サイン会も人が集まらない。娘からの極端なまでの拒絶っぷりが痛々しい。金網デスマッチの試合のあとガラスの破片を取るシーンが痛々しい。そんな主人公を見つめる監督の目がなんとも優しい。試合で激しくぶつかるレスラー同士も控え室ではいたわりあっている。これ以上続けたらヤバい試合「はやく決めろ、もう十分戦った」と耳打ちする相手選手。レスラーといいブラックスワンといい、一人の人間、プロとしての職業を密着取材のように深く掘り下げていく映画。アロノフスキー監督は面白いスタイルを発明したなあ。ミッキロークにしてもナタリーポートマンにしても代表作になってるしねえ。役者も全人生注ぎ込んでそれに応えるというわけだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。