マグノリア 70点

マグノリア [DVD]

 ゼア・ウイル・ビー・ブラッドが迫力の演出だったポール・トーマス・アンダーソンの人間群像劇。新作のザ・マスターを見る前に見ておこうと思ったのだが雰囲気全然違うね。セリフが多くて、テンポがよくて、テンション高め。会話の部分、登場人物のやりとりがリアルで凄くひきこまれる。がなりたてる黒人のおばちゃんと警官の噛み合ない感じとか、カリスマナンパ伝道師トムクルーズのハイテンションな講演とか、10人以上の登場人物の会話、その背景、人物描写がどれも素晴らしく話がこんがらがる事もない。ほんと鮮やかな手腕だ。3時間クギ付けでした。あらためてうまい監督だなあと感心する。ただクラウドアトラスでもそう思ったのだが各エピソードのつながりが薄い。ところどころ交差するところもあるのだが。全エピソードががっちりからみあって影響をおよぼしあうほうがいいんじゃないかと思うんだけどなあ。それは監督の意図ではないのだろう。そして問題のあのラスト。初めて映画館で見た客はあまりの展開に腰抜かしただろうね。残念ながらネットでネタバレしてしまっていたので衝撃度は低かったのだが、思った以上に長く、大量で、これはCGなのか、大量殺戮なのか気になって、ドラマに集中できなかった。話で聞く分には珍事なのだが、映像で見せられると、CGだとしてもこれは悲惨だろ。しかもさりげなく犬も死んでるじゃないか。犬好き動物好きとしては減点だ。この部分は洪水とか隕石に変えてくれたって成り立つんじゃない。
スポンサーサイト