エレファント 60点

エレファント デラックス版 [DVD]

すごく個性的な映画だった。最後の展開をまったく知らずに見たらかなり衝撃的だと思う。ネットである程度知っていたんだけど、その描き方があまりに淡々としてるのが驚いた。すごく日常っぽいというか、こんな普通の流れでああなっちゃうってのが、リアルな衝撃ですよ。正直、前半はかなり退屈かもしれない。アメリカのハイスクールに紛れ込んだみたいっていう新鮮さで見れたかんじだしね。しかし後半はいっさい眼が離せなくなる。まったく見た事のないタイプの映画だった。いちおう「桐島部活〜」。元ネタタということかね。「桐島部活〜」もドキュメントタッチだけど「エレファント」はさらにストーリーがない。廊下を歩いている子をずっとカメラが追って行くような描写が多い。脚本はないって感じだよね。写真を撮る少年。親が酒に酔っているせいで遅刻した少年。いけてない少女。同性愛を考えるグループのミーティング。いじめられてる少年がピアノを弾く。時々寂しげで美しい空が写る。これがかなりの映像美。普通の高校生活がそのまま再現される感じ。登場人物達とも距離感があってあまり感情移入するわけでもない。銃の音がまたリアルだった。バスッ!みたいな。静かで恐ろしい映画。そしてなんとも寂しげな感情が残る。自分の点数は60点なのだが、かなり凄い映画だと思いますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。