ipad mini フラットデザインについて 7Gb制限

中山の「舞天(ぶーてん)」でのライブの準備中にNexus7を落として割ってしまったー。くーーー、前もipad2ここで割ったんだよなあ。ライブ中に三線の弦も切れるし。普通ステージで三線の弦切れることめったにないんだが。なんか舞天ではこういうアクシデントがあります。ここはソロライブなんでバラバタしちゃってるからだ。

ということで、Nexus7生活からiPadにもどることにします。

今はMacBookProも結構軽いのでよく持ち歩いているため、iPadまで持つのは大きすぎるんで、やっぱminiですねー。調べてみたら、iPadminiって最初のminiとその後のretinaの2つしかないんだね。

ということで秋葉のソフマップでiPad mini 中古で27800円で買いましたー。

マッシーはけっこう中古が好きなんだよね。2年前ぐらいのものになれば値段も安いし実用も全然オッケーだしね。世の中の流れに2年遅れでついていくのがコスパがいいんだよ。この「物」コーナーで紹介するのは2年前の情報って感じになってきた。



やっぱりipadはいいなあー。わくわくするなー。このトキメキ感があるっていうのがMacなんだなあとつくづく思う。使ってみて感動があるんだよね。それなりの値段がするわけだけど。やっぱり洗練のされかたが違う。

さてiOSも7になっていて、フラットデザインというやつなんだよね。ノッペリしたデザイン。アンドロイドみたいだ。今まで立体や反射や透明なんかで進んできたデザインがシンプルなフラットデザインに戻ろうとしてるんだよね。

よく考えればこれってデザインの大きな転換期だよ。

目立つように自己主張するデザインから落ち着いた大人のデザインに変わった。これは一過性のただの流行じゃなくて、大きな変化だと思う。このiOS7以前と以後で線がひけるような転換点なんじゃないか。そのうち立体的なロゴなんかがかっこわるいもの見えてくるだろうね。

でも先に打ち出したのはWindows8のこれだったよね。

201304100071.jpg

世の中のデザインを牽引してきたAppleとしては先をこされてしまっていた。残念。

そもそもスマートフォンやタブレットなんかでは画面にアイコンがズラリと並んでいるので、そういう環境の中でデザインが見やすいようにってだんだんフラット化してきたってことなんだろう。

デザインの大きな変化っていうものはただのファッションっていうよりも人々の意識の変化。ライフスタイルの変化でもあるんだ。シンプルなデザインで代表的なのは「無印良品」だよね。「無印良品」的な世界って、知的で大人で落ち着いていて自然を愛する感じ。無理しない感じ。見た目のハデさとは逆の心の豊かさを求めるっていうのかな。最終的には「禅」の世界にも通じると思う。自分は「理想の日本人」ってこれだと思うんだけどね。

もともと「Apple」デザインって「無印良品」にそっくりだよね。ジョブスが禅愛好家でもあったというし。iOSのデザインがフラットにシフトしたってことはAppleのデザインがさらにシンプルなものに統一化されていって理想的なものに近づいていくのかも。

iOSのような世の中の中心的なデザインが「シンプル」にシフトしたのは喜ばしいことなのかもしれない。

さて実際使ってみてipadminiだけどiOS7だと遅いとかretinaじゃないと字が汚いとかあるけど、今のところ問題なく使えてます。たしかに普段はMac Book Proでretinaディスプレイを見慣れてて、若干、文字のにじみ感が嫌かなあとも思うのだけど。まあ、それほど気になるレベルじゃない。

safaliも快適に動いてますねえ。

でも実はモバイルルータで問題が。なぜかネットが凄く遅くなってて、なんだこれーと悩んでipadminiを軽くする設定なんかをあれこれ試していたんだけど、結局WiMax(wifi walker hwd14)が7Gb制限超えて速度が遅くなったっていうことだった。



今まで制限なんか気にしてなかったからこういうものだったと初めて知りました。apple TVを繋いでいろいろやってたことが原因みたい。なので通信モードを「ノーリミット(Wimax)」に変えて使ってます。これで普通に使える。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。