レッツ鎌ダンス「マミドー」

かまだんす

中山ブーテンのバイトの「まみ」ちゃんが「マミドーマ」をやりたいと。自分がマミだからね。「マミドーマ」は有名な八重山民謡で働き者の器量よしのマミドーマちゃんの歌で農作業を模した踊が付く。

昔「ミルク」っていう八重山民謡やるユニットがいてよくやってたんだよね。まず鎌で草を刈ってクワで耕してヘラで種を植えていく。楽しいおどりなので沖縄でも余興の定番になってるんだ。

また「寿」が昔にマミドーマにジャンベをいれて16ビートでかっこ良く演奏してて、思えば三線とジャンベの初めてのコラボ曲として画期的だった。

などなどあって「マミドーマ」は親しみの湧く曲でもあって、またタイミングよく竹富島で地方もやっている「マキシノブ」君が東京にライブにくるので自分が二胡と太鼓でサポートすることになってたんだよね。ということで、これは三線教室でもマミドーマやろうという展開になったのでした。

そしてマミドーマをいろいろ調べてみたら、なんと竹富島の歌ではなかった。小浜島だった。しかも農作業でもない。

私に孫ができたらマミトーマちゃんに子守りを頼みたい。っていう内容だった。
マミトーマちゃんの子守りする子はいい子に育つようだ。ミトーが女の子っていう意味で、それにマがついている。マは真鶴とかのマで本当のっていう意味だろう。沖縄では真牛(モウシ)っていう名前もあったしね。女の中の女。みたいな感じでマミトーマ。最後のマも愛称らしいけどこれはよくわからない。小(グワー)みたいなもんかね。

ミトーはちなみに古語のミホトからきているようだ。つまり女性器のことです。宮古でも女の子はミドゥンっていうから、これもそれ系の言葉だろう。この衝撃的な事実はマミちゃんには言わないでおこうか。沖縄で女性のことはイナグ。これはもちろんオナゴっていうことだ。また娘はミヤラビ。美童って書く。ミトーやミドゥン系の言葉は沖縄にはあるのだろうか?よく知らない。

ということで、小浜島の「マミトーマ」が竹富島で働き者の娘の歌「マミドー」になったようだ。有名な種取祭りで踊られる。このへんが八重山舞踊みたいな感じでひろまったのかな?これも祭司用と余興用と歌詞が違うらしい。マキシノブの歌詞カード写真撮らせてもらった。こういうのは貴重だー

IMG_0422.jpg

家にあるCDを確認してみると山里勇吉や宮良康生のマミドーマは小浜島のマミトーマだった。歌詞も子守りを頼む内容だ。つまり小浜島のマミトーマに竹富島の農作業の踊りがついているのが一般的な「マミドーマ」ということになる。歌の内容と踊りが違っているわけだ。検索すると舞踊家がマミトーマの歌詞にそった舞踊を踊ったという記事もでてきた。いったい自分はどのバージョンを覚えればいいのか?悩んだあげく、やっぱシノブとのご縁もあるので竹富島バージョンで覚えることにする。参考にしたのがこちら。竹富島の方の録音です。「まみどー」です。

taketomino.jpg

そして踊りはどうするのか?これも悩んだすえこちらを選びました。



かま、くわ、へら の3つの踊りがあるのですが、難しいのでカマだけ覚えました。踊りって最初どう覚えていいかわからなくて苦戦してたんだけど、数を数えながら踊るといい具合におぼえられますね。実際のおどりもそうやって伝授してるんでしょうか?

これをみんなで覚えてライブで数人が動きを合わせて踊ったら凄く楽しいものになるはずです。結構難しいですが、おぼえられないことはない。カマもダンボールで簡単なやつを作りました。ぜひみなさん。カマダンス覚えてライブでおどりませんか?これって凄い盛り上がる予感してるんだけどね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。