沖縄の心強い味方「佐藤優」

satoumasaru.jpg

YouTubeで政治関係の音声をよく聞いてます。お気に入りが元外務省の作家「佐藤優」さん。「日本最強の論客」といわれております。眼光するどいです。「保守」だし「日米安保」支持だし「外交はタカ派」なのですが、実は沖縄の味方でもあるのです。お母さんが久米島の方だそうですね。そういえばお顔もウチナージラーだ。「沖縄人か日本人かどちらかをとれといわれたら沖縄をとる」とまで言ってくれてます。

基地問題を学校のトイレ掃除当番に例えるのが解りやすい。今は月に3週間は「沖縄」君がトイレ掃除当番になっている。クラスのみんなの多数決で決まったこと。それに沖縄君は席もトイレに一番近い。地政学的に沖縄君がトイレ掃除にふさわしいという理屈。沖縄君もみんなで平等にトイレ掃除を分担しようとまではいわない。せめて3週間を2週間ぐらいまで減らしてほしいといっている。そんな沖縄に辺野古新基地を作ることはトイレ掃除をさらに一日増やすということと同じ。沖縄はとても承諾できない。こういう状況が長引けば沖縄君は転校を考えるしか無くなってくる。

まさに「そおのとおり!よく言ってくれた」と思う。
沖縄の人の気持ちを代弁してくれてます。

沖縄って結局どうなのよって思っている方。佐藤さんの解説をぜひ聞いてみて下さい。

「アメリカ人にとって沖縄は戦争で取った戦利品」
日本最強の論客佐藤優氏の発言集より



佐藤優が分析「沖縄が最も脅威を感じているものとは」
日本最強の論客佐藤優氏の発言集より


佐藤優「辺野古移設は新たな基地をつくること!」
日本最強の論客佐藤優氏の発言集より



【辺野古】佐藤優「敵意に囲まれた基地は機能しない」


こじれる基地問題、沖縄の人達の根底にあるものとは?!(32分ごろ)
保守論客チャンネル


佐藤優「辺野古移設は沖縄の保守派が反対している」
日本最強の論客佐藤優氏の発言集


佐藤優、沖縄の血が混じっているからこその沖縄問題視点。【外務省のラスプーチン】
日本最強の論客佐藤優氏の発言集
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。