大傑作!マッドマックス怒のデスロード95点

DVDで見ようかねえーと気楽に構えていたんだけど、あまりの評判の高さに、まだやっている映画館へ。

す、す、凄い!!

ジョージミラー監督って70才なんだよね
70才でこんな怒濤のハイスピードカーアクション映画がつくれるのか。
しかも前作はペンギンのハッピーフィートだし、その前はブタのベイブだし。
すっかりファミリー映画の人になったのかと思ってたんだけど。
それが突然こんな凶暴な映画つくれるなんてアンビリーバボー!!
あの歴史的傑作のマッドマックス2にも並ぶ大傑作といっていい。
エンタメ系映画の中では2008年の「バットマン ダークナイト」2014年「ゼログラビティ」級の興奮ではないだろうか。
画期的なのがカーアクションの連続の中でストーリーが進行していくってことだ。
マッドマックス2のクライマックスだけで作ったような映画だ。
静かなシーンもあることはあるのだけど、全体の80%はカーアクション。
おかげでセリフが少ないよね。
いってみればサイレント映画といえるのかもしれない。
バスターキートンのようなものに通じるものがあるのかも。
アクション交響曲とでもいうような、アクションで物語っていく画期的なスタイル。
これ3部作にするんだよね。
エイブラムスのスターウオーズはこの完成度を越えられるだろうか。

改造車達がほんと凄いね。キャタピラやショベルカーなどスクラップをくっつけまくったというような奇形的なデザインが凶悪だ。

madmax14.jpg

マックスは捕まって輸血用の人間パックとして括り付けられる。この人を物扱いするアイディアが凶悪。他にも乳搾り女、ハーレムの子生み女。人権無視な社会がよく考えられている。

madmax13.jpg

この映画を一気にハイテンションにするのが白塗り山海塾みたいなウオーボーイズ。一見、雑魚キャラなのかなと思ったら、各自が特攻で壮絶に散っていく様が凄まじい。その中のニュークス君が徐々に人間性に目覚めていくのがよかった。今回で一番いいキャラだったんじゃないだろうか。

madmax9.jpg

マッドマックス2ではジャイロコプターが空からの視点という役割だったのだが、今回はこの棒がアクションを立体的にしていた。素晴らしい演出。

madmax8.jpg

このギターのドゥーフウオリアーは永遠のアイコンになっただろうなあ。火炎放射器の炎が風に流れていく様がかっこいい。

madmax2.jpg

カーアクションの演出がほんとにうまいね。普通の監督がやったらなにがなんだかわからなくなってつまらない映画になっていた。ふつう大作映画って規模が大きくなるとインフレをおこしてつまらなくなるのが常なんだけど、改造車が増えてバトルシーンも5倍ぐらいになったのに面白さが持続するのが驚異的。マッドマックス2で究極だと思っていたバトルシーンのさらに向こう側にこんなパワフルな未知の領域があったなんて。宮崎駿が空中戦の匠なら、ジョージミラーは車バトルの匠だ。

車だけではなく、マックス、フィリオサ、ワイブス、ニュークスの四つどもえの喧嘩シーンの演出も凄くうまい。

ジョージミラー監督のアイディアや演出力がまったく衰えていないうえに、撮影技術や編集の技術が進歩したぶんだけ面白さがアップしている。

ただキャラだけはちょっと弱いかなと思った。
マッドマックスは1も2もキャラがほんとに素晴らしかったからね。
それと比べるとっていう意味でね。

フィリオサは女性なのにタフガイなヒーローなんでマックスが2人いるみたいになってしまったかも。
マックスの役割をフィリオサがやってる感じ。その分マックスが薄まっちゃってるんだよなあ。
フィリオサはもっと普通の女性っぽくすれば逆に凄く新鮮だったのかもね。
おばあちゃんライダーやイモータンジョーの息子達ももうひとキャラにじませるようなセリフや行動があるとよかったかな。子生み女達も5人は多いと感じた。3人にすればもっとひとりひとりの個性がだせのだが。

とんかくそういうことは些細なことでしかない歴史的アクション映画。大傑作マッドマックスでした。
劇場で見てよかった!
スポンサーサイト