豊岡マッシー「平和の砂時計」

豊岡マッシー「平和の砂時計」イラスト作品。久々に創作意欲がわき起って一気に描いた
平和の砂時計

Coccoさんの絵っていいですね。「うないぐみ&坂本龍一」の「弥勒世果報」のジャケをみてつくづく思った。クレヨンスクラッチで描いているのだろうか?最初にクレヨンの赤や黄色や青なんかで塗りたくった後に黒で塗りつぶす。それをスクラッチすると地のカラーの部分が浮き出てくる。

この方法をパソコンとペンタブレットで再現してみた。まず地の色を作って、上に重ねたレイヤーを黒く塗りつぶして、それを細い消しゴムツールでスクラッチの要領で描いていきます。これが描いていて楽しい。無心に描いて一気に作品が完成した。3時間ぐらいです。この方法は一気に絵を描けるとこがいいです。

題は「平和の砂時計」です。平和の想いが夜ごと心の底に蓄積されていくというイメージ。時計のようにゆっくりと、でも砂が落ちるように確実に。それは人々の間に広がっていく。ハートのふくろうの目はピースシンボルにしました。平和の鐘を鳴らして、人々を起します。シンメトリーな構図はやっぱり自分は神聖なものを欲しているのだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。