2016年4月辺野古大学2。三上知恵監督

DSC00809.jpg

辺野古大学がとても良かったので次の日も見に行った。三上知恵監督。「戦場の止み」の監督だ。マガジン9条のコラムもよく読んでいたし、この方の解説は凄く奥が深いのに読みやすくて、いつも感心していたのだ。

レンタカーはマールレンタカー。3000円でオッケーだった。安くて助かるー。送迎もしてくれます。次回もここにしようかな。

辺野古には高速道路で宜野座インターでおりる。途中にある大きな干潟。帰りに寄ると潮が満ちているので、行きにちょっと寄りました。小さいカニが沢山いる。

DSC00800.jpg

昨日で辺野古の感じがわかったので、今日は、落ち着いて辺野古到着。でもやっぱ1時半到着。なんかいそいでるのにどうしても辺野古に早くに行けない。

送迎車を待たずにシュワブゲート前まで歩くことにしました。途中のパーラーでハンバーガーを食べながら15分くらいだろうか。これが予想外においしい!オススメです。

DSC00801_20160427230218c43.jpg

ゲート前テントに着くと、おおーー、ヒロジさんだー。初めて見た生ヒロジ。戦場ぬ止みや動画でしょっちゅう見てるから、前から知り合いのような気分なんだけど。なかなか実物に会えなかったので感動。やっぱ存在感、キャラが凄い。

DSC00813.jpg

そして始まりました。三上知恵講演。声がやさしいーー。きれいな声。もとQABのアナウンサーだったんだねえ。

P_20160421_150637_HDR.jpg

ここで講演をきくことができます。

2016/04/21 【沖縄】辺野古総合大学の第2弾―講師 三上智恵氏(映画監督)「“標的の村”から“標的の島”へ」

わかりやすい。ほんと頭にも心にもスーーっと入ってくる。それでいて現場の最前線で苦悩してきた奥深さがある。辺野古基の地元で容認している人達も「先に折り合いをつけた人達」と呼ぶ。辺野古の戦後史。米軍が「銃剣とブルトーザー」で沖縄の土地を強制的に基地にしていた時代。辺野古の人々も米軍から強制か提供かを迫られ、誰も助けにこないこの地で、しかたなく基地を提供。米兵の犯罪を抑止するために米兵と協力して地域の行事もおこなった。そんな歴史のある辺野古。それを簡単に地元は容認だよねと言ってはいけないんだと。こういうことまでわかっている三上さんだから辺野古の容認派からも信頼されている。すごいよなあこの方は。

島袋文子オバーのお話も凄かった。鳩山政権のころ、結局辺野古に話が戻ってしまって、文子さんは私一人の命で流れが変わるのならと、万国津梁館で鳩山さんの車列に突っ込もうとしたのだそうだ。結局それは機動隊に阻止されて、車椅子にもどされて泣くオバア。この映像はQABを退社したために使わせてもらえないのだそうだ。

高遠さんの話だそうだが、イラクで大勢の市民が殺されたファルージャにはキャンプシュワーブ、キャンプハンセンの海兵隊も参加したのだそうだ。彼らの肩にはOKINAWAと書いてあった。家族を殺されたイラク人の男性が「大きな爆弾があったら、自分はOKINAWAの上で爆弾を炸裂させたいと思うよ」と語ったのだそうだ。これ、ベトナムから悪魔の島って呼ばれたのといっしょだ。沖縄は米軍基地がある以上加害の島になっている。あのファルージャの虐殺と沖縄がこんなに関係してたなんてショックだ。

宮古、八重山の自衛隊配備について。アメリカと中国。大国同士が戦争することはないが、小競り合い、制限戦争はおきる。アメリカからみれば日本は中国からの防波堤。中国と日本が戦争することもないが、台湾を無理矢理併合することは起こりうる。そのときに中国軍の船を牽制するのに宮古八重山のミサイル部隊が活躍する。アメリカが撃てといえば日本は集団的自衛権で宮古のミサイルを発射するかもしれない。そうなれば宮古島は中国軍の攻撃でどうなることか。かんがえただけでも恐ろしい。中国から見ればアメリカの手先である自衛隊のミサイルが目の前に突きつけられているわけだ。そしてアメリカは中国軍のミサイル技術の進歩にともない部隊を沖縄だけでなく、グアムやテニアンに分散しようとしている。自分たちは引いて自衛隊に戦わせる。司令部は地下につくるっていうんだから。これはミサイルがふってきても司令部は大丈夫ってこと。台湾有事がおこれば宮古、八重山が巻き込まれる。そんな危機感もなく地元の議会は自衛隊誘致派が多いという。

P_20160421_153604_BF.jpg

一緒に写真も撮れましたー。うれしいー。自分の作った「日本の米軍基地を四角い面積でみる」という図をシェアしてもらっていたので、そのことも覚えていてもらっていた。

ディアマンテスの「勝利の歌」に合わせて辺野古名物?のラインダンス。歌詞がスペイン語なのでいっしょに歌うことも出来ず、本格的に踊るわけにも行かず、なんとなく、わーいという感じ。

DSC00811.jpg

辺野古の川の方の遊歩道。めっちゃ気持ちがいい。

DSC00818.jpg

久志地区というあたりも見ておこうかなーとふらりと脇道を入ってみましたらこんなに気持ちのいいビーチが。

DSC00760.jpg

いたーー。オスプレイだ。旋回しているようだったが遠くの方を飛んでいたので、よくいわれる気持ちの悪い重低音というのはわからなかった。

DSC00823.jpg

宜野座インターの近くのドーム。UFO巨大基地みたいで異様だ。阪神タイガースの本拠地だそうです。

DSC00772_201604272302163be.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。