泡盛の棚をバックにチェロでバッハ

昨日のイチャリバライブ、人形町の「くわっちーや」さんでした。奥のお座敷のチームのみなさんまで全員カチャーシ状態で、いやー凄かったさー。みなさん、ありがとうございます。 さてお客様でなんとチェロ奏者が来てくれました。オーケストラ所属のプロの奏者さんです。かなり高価なチェロをなんと生演奏してくれました。曲はバッハ「無伴奏チェロ組曲プレリュード」。まさか沖縄料理屋さんで生演奏がきけるとは。これが最高。あまりのすばらしい音色と旋律に後ろの棚の泡盛が古酒に熟成してしまいそうだ。私も最近バッハの「主よ人の望みの喜びを」を三線でやったので、この曲は感銘深く心にしみましたね。 そして私もすこし触らせてもらいましたよ。川満慶のスペイン製ギターもそうだけど、このチェロも大きさの割には軽いんだよね。木を薄く削ってますね。それで弦の振動が箱全体に無駄なく共鳴しているというか、ずっと聞いていたくなるような至福の音色です。いやー凄いわ。いつかレコーディングできたらいいなー。 2010-10-30T14-44-34-a25f0.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント