三線の可能性を試してみよう

自分は三線を使っていくつか外国の曲を歌ったり演奏したりすることがあります。 アフリカのマライカ。南米のモリエンドカフェ(コーヒールンバ) 韓国のアリラン。スーパーマリオにトルコ行進曲 それを邪道だとかいう人もいるかもしれないが やはり三線の秘めた可能性を試さずにはいられないんだよね 民謡と古典が大きな幹なら、 そこからいろんな方向に枝が伸び葉を繁らせてほしい。 そして花が咲き実がなり鳥が集まってくる。 木陰には人が集まってくる。 そうやって三線という音世界が大きく広く育ってほしいのです。 沖縄音楽はハワイアンやレゲエに比べたらまだまだマイナーな音楽だ 沖縄も世界地図では点にしか見えないし人口だって100万しかいない しかし三線の音色音階リズムには世界に広がっていける可能性があると思うんだ だから邪道なんて言わずに三線フリースタイルの可能性を試してほしい。 アメリカやヨーロッパのCDショップの棚に ハワイアンと同じぐらいOKINAWANっていうコーナーがあったらいいと思わないか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。