東京に住む沖縄人はなんと呼べばいい?

沖縄の人は「ウチナーンチュ」と言います。よく「ウチナンチュー」っていう人いるけど、これは間違いで、「ウチナーンチュ」です。「ウチナー」が「沖縄」 「ン」が「の」 「チュ」が「人」です
なので「沖縄の人」は「ウチナーンチュ」なのです。

それに対する本土の方は「ヤマトンチュ」「大和の人」ですね「ナイチャー」という言い方もあります。「内地」&ERみたいなノリですね。「ナイチャー」の方がカジュアルな感じだし、まあ、こっちは悪い意味で使われることが多い。

最大級の侮辱する言葉は「クサリナイチャー」ってのがある。クサリは「腐った」っていう意味ですね。辺野古に座り込む市民を侮辱するようなネトウヨレイシストが「クサリナイチャー」ですね

沖縄に移住した方は島ナイチャーと言います。「島」がつくことによって沖縄に同化したような感じがあっていいですね。

では俺みたいに東京に住んでる沖縄人はなんて呼べばいいのでしょうか?ナイチシマーか?ヤマトシマンチュ。自分のブログのタイトルはウチナーンチュin東京でもあるので、これについて意見を募ってみた。

「ナイチャンチュ」!

これはなかなか想像絶してた。言葉的にあってるかはわからないけど、なんか気持ちはわかるっていう。

「在日うちなんちゅ」

「在日コリアン」みたいな感じですよね。俺たちも「在日」だっていう感じで連帯できそうないい言葉ですね。

「沖縄系日本人」ちょっと堅苦しい呼び名ですが意味的には一番正しい

結局ウチナーンチュはどこでもウチナーンチュっていう意見もありましたー。これもその通りですね

昔懐かしいユウリキヤーのネタ。おたく「沖縄の人でしょ」貼っておきます。
沖縄出身者だと思って声をかけるも否定される。でもどうしても出てしまう沖縄の方言!っていうネタです



自分も東京に出てきたあたりは方言を喋らないようにしてたんだけど、上野動物園でワニガメを見た時に思わず
「デーーーージ スゴイ ヤッサーーーーー!」(超凄いじゃん)と絶叫してしまった、、、、のでした。

yurikiya.jpg

でもこういう、沖縄出身を隠すっていうネタは昔は沖縄人差別があったからだと思うんだよね。だとしたら悲しい話だよね。今は沖縄出身っていうと羨ましがられるっていうありがたい状況だ。沖縄の人と結婚して沖縄の苗字になりたいーーなんて言うことも聞いたことがあるし。うちのおじいさんはもともと豊見山(とみやま)っていう苗字を大和風に「豊岡」に改名したので、まさかこんな時代がくるなんて思いもしなかったのだろう。母親系は宮古らしい「下地」です。
スポンサーサイト