沖縄基地問題をわかりやすく解説

大げさ太郎の動画。沖縄の基地問題。
そもそも、なんなの?と言うことにわかりやすく答えています。
名護に移り住み、沖縄基地問題を最前線で体を張って体感してきた。
沖縄の内からの視点と、外からの視点と、両方持った彼ならではのわかりやすい解説

基地問題はずーーーーーーーと続いているから複雑でわかりにくい。
でもシンプルな話なんです。

95年に小学校6年生の女の子が米兵3人にレイプされた。
反基地感情が高まり、普天間基地が返還されることに。
辺野古に決まる。
最初はヘリポートとかって言っていた。
住民投票で反対しても、反対の知事が誕生しても、反対の市長が誕生しても
何万人も集まるような反対集会を開いても、
賛成する議員を落としても、決して諦めない政府。
それが20年間続いている。
さらにオスプレイも猛反対を無視して配備した。
さらに離島にも自衛隊基地を建設している。
安倍政権はなりふり構わず襲いかかってきた。
無理矢理、議員を基地容認に変え、
ついに、仲井真知事が建設を認めた。
それに猛反発して翁長知事とオール沖縄が誕生。
うるま市の20歳の女性がレイプ目的で元米兵に殺された。
オスプレイが住宅地の近くに墜落した。
アンケートを取れば常に7、8割が辺野古反対。
それでも工事強行している。裁判所も国の味方。
この民主主義が破壊された異常な状態がずーーーーと続いている。
そりゃあ、座り込みするしかなくなる。
そこに全国から機動隊を大量に送り込む安倍政権。あまりにもひどい。



そもそも
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。