翁長知事の絵

翁長知事の絵

たくさんの方にシェアしてもらいました。いろんな取材も受けました。
ただ辛くて描いた絵でした。それに共感する人が大勢いた。
みんなのコメント、みんなの涙。
それを養分に自分も絵を描き直していった。
翁長さんがこの世にいない!その渇望を埋めるように。
翁長さんの弔いをネットでみんなで同時進行で行っていたんです。
その依代になったのが自分の絵でした。
↓A3サイズ、知事の想いに共鳴する方プリントしてお使いください

onagaA3yoko.jpg


最初の自分のツイッターの書き込み

翁長知事が亡くなったのを知ったのは東中野で「沖縄スパイ戦史」を見たあとご飯を食べてる時だった。
その衝撃を受け止められないまま、家に戻ってペンタブレットで絵を描いていました。

onaga.jpg

6/23日の慰霊の日、相良倫子ちゃんの平和の詩を目を閉じて聞き入る翁長さんの横顔です。
ガンの闘病ですっかり痩せた知事の姿が鮮烈でした。
こんなになってしまって。どうか早くよくなって元の翁長さんに戻って欲しい。
そういう気持ちと、
ずっとカツラを揶揄されていたオナガさんが抗がん治療で頭髪のなくなった姿を晒している
その姿に感動もしていたのです。
そして、これが最後の姿になってしまったのです。
平和宣言を読み上げる知事。これが最後の知事の勇姿だったのです。
この後の撤回の記者会見は知事の遺言になってしまったのです

onaga1.jpg

これを二日後にネットにあげた。すぐに「バナーに使わせて欲しい」「プリントしたい」との希望がたくさんありました。想像を超えた反響でした。もともと、沖縄では大きな県民大会が予定されていたし、それに合わせて池袋でも辺野古反対のデモがありました。それに使えるようにしよう!セブンイレブンのネットプリントで出力できるようA3の縦型にしました。余白を空けて参加者が自分のメッセージを書き込めるようにしました。
もう、俺だけの絵ではなくなっているのを感じていました

onaga2.jpg

ところが、沖縄にはセブンイレブンがない!(忘れてた、、、)なのでファミマ、ローソンでもネットプリントできるようにしました。ファミマでプリントしたことがなかったので、夜中にファミマまでいってプリントできるか自分でもやってみました。

onaga4.jpg

そして、県民大会の8/11の朝、なんと沖縄では綺麗な虹が出ていたのです。天が翁長さんのために小さな奇跡を起こしてくれたようで泣きました。それで急遽、虹を絵に入れました。虹は以前イチャリバーズのジャケに使った虹です。

onaga3.jpg

2013年に翁長さん達がオスプレイ反対の建白書デモで数百名もの愛国者どもから「非国民」「ゴキブリ」などと罵声を浴びた銀座。そこでキャンドル追悼が行われていた。ここでやったことに大きな意味があったと思う。

onaga6.jpg

「あなたの勇姿を忘れない」これを英訳してくださる方が
"We won't forget your braveness." R.I.P for Okinawa governor Takeshi Onaga"
なんてかっこいいんだ!
そう翁長さんは日本で一番勇敢な男と海外メディアに紹介されていたこともある。
そしてゴルバチョフさんからも追悼メッセージが。
翁長さんは海外にも知られる政治家なんだ。とても誇らしい気持ちになった。

そうだ、英語、日本語、ウチナーグチ この3つを入れなくては。

ウチナーグチは翁長さんの演説から。これだ。

グスーヨー マキティー ナイビランドー チバラナヤーサイ
(みなさん、負けてはいけませんよ 頑張りましょう)

翁長さんはウチナーグチを沖縄のアイデンティティとして使った。
シンプルなウチナーグチは呪文のようにみんなの心を一つにするんだ。

DkS0mR9V4AECdym.jpg

しかし、ここでウチナーグチが間違っていたことがわかった。
マキティーではなくてマキテーでした。難しいです。

#FlowersForMrOnaga というタグができていました。まさに、ネットの中の献花台じゃないか。素晴らしい。いろんな方が翁長さんに花を手向けていた。自分の絵にも花を入れることにしよう。那覇市の花を見たら「ブーエンビリヤ」となっていた。ちょうど竹富島の映像を作った時にブーゲンビリアはよく見ていたので、撮った写真から絵を描いた。



そして、翁長さんの被るはずだった帽子のことを知った。青い帽子ということだったのでブルーの野球帽だろうと思っていた。ところが、なんと、エメラルドグリーンのハットだったんだ。これには驚いた。こんな鮮やかな色を被るつもりだったのか。これが県民大会の翁長さんの座るべき席に置かれていた。

onaga7.jpg

Dkdlo5dVsAA-U4T.jpg

こうして、この絵は完成した。

帽子がエメラルドグリーンになったことで背景とバランスで夕焼けに変更。
顔の向きも、もとの右向きに変えました。

一番作りたかったのは追悼の曲でした。ようやくその準備ができた。
ピアノと三線と二胡でシンプルな祈りのような曲を作った。
それに合わせていくつかの背景が動く動画も作った。

歌の歌詞は有名な「命どぅ宝」からの引用です。

嘆(なじ)くなよ臣下
戦世(いくさゆ)むしまち
弥勒世(みるくゆ)むやがてぃ

天国の翁長さんが、悲しむなよ、戦の世も終わる。弥勒世(平和な世)もやがてくるよ。と歌っているんです。

翁長さんの平和宣言を加えた。風に乗って声が聞こえたり聞こえなくなったりするようにした。
あの世から聞こえてくるようにした
たまたま作った曲の長さにピッタリはまっていた。この偶然が嬉しかった。

曲を作りながら何度も泣いていた。

翁長さんはもういない。



onaga5.jpg

onaga3_20180827131730eb9.jpg

BSの報道LIFEではインタビューを受けました。
オナガさんはどういう存在だったのか?の問いに、悩んだ挙句、お父さんのようだと答えた。
そういう、感想が他にもあったようだ。



ヤフーニュースにも載ったし、
自分としてはバズったような感じになったけど、
この数日間はいろんな方のとのコメントのやりとりや、知事のいない喪失感、
自分が自分でないようなふわふわした中にいたようだった。
スポンサーサイト