沖縄の知事選!!

11日に沖縄の知事選挙が告知された。投票は11/28に行われる
これは沖縄の未来を決める大事な大事な選挙なのだ。

現知事「仲井真弘多(ひろかず)氏」と、基地反対派の筆頭「伊波洋一氏」の事実上一騎打だ。
(あと幸福の科学、金城竜郎氏も)

今では基地移設反対を唱える仲井真知事だが、もとは容認派だった。自民党でもあるし。日本政府から圧力がかかれば、容認に転じてもおかしくない。

伊波洋一氏は普天間基地を抱える宜野湾市の市長で長年にわたり基地の国外移設に取り組んできた人だ。彼が新基地を容認することはありえない。

沖縄にどうしていつまでも基地が在り続けるのか。そしてなくならない米兵の犯罪。事故。
それを解決できない日米地位協定の不平等条約。
こんな理不尽がいつまで続くのか。
なんとかしてほしいと沖縄はずっと訴え続けてきた。何十年も。
しかし日本政府はその声を黙殺してきた。
どんなに声を上げても沖縄人は日本人の100分の1しかいない。
基地問題は日本の端っこの小さな島に押し込めておけば誰も気にしないのだ。

そして尖閣諸島の騒ぎだ。
これは知事選に合わせて日本政府が仕組んだことなのではと思っている。
日中の対立を煽って日米同盟を強化するというやりかただ。
イコール沖縄に基地が必要ということになる。

酒乱の船長が暴走してぶつかったのを国内法で裁くという強攻策に出た。
それは尖閣諸島を日本領と認めることになるから中国は徹底抗戦してきた
反日デモが起こり、日本もビデオを流出させて対立を煽る。
結果、日中になんの得があるのか?
得するのは沖縄に基地を作りたい人達だけだろう。

ネットでいろいろ調べてほしい。
http://tanakanews.com/100917senkaku.htm
http://tanakanews.com/101001japan.htm
http://okadome.cocolog-nifty.com/blog/
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-c876.html
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

今回、沖縄はっきりと基地NOを打ち出すだろう。
太田昌秀さん以来の反基地、平和主義の知事を誕生させるだろう。
がんばれ!沖縄!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント