琉球人魚

STOP_HENOKO縦
A3出力用です。ダウンロードしておつかいください。
クリックして🔍でさらに拡大。別名で保存。

大浦湾の海を見守る琉球人魚。ちょうどローラさんがホワイトハウス辺野古署名を呼びかけてくれて、人魚のモデルは、もうローラさんしかいないね!と思っていたら、すでに人魚になっていたCMがあったのですね。素晴らしく美しいCMで、特筆すべきなのはゴミが一瞬映るんですね。美容エステの会社のCMにゴミを入れ込むなんて、メッセージを感じますね。エコ、動物保護、なども発信しているローラさんにぴったりの強く優しい美しいCM作品ですね。

ということもあり、沖縄にはカンカラ三線というものがあって、戦後の捕虜収容所で米軍の配給品の空き缶から作られたものですが、捨てた缶をリサイクルということで、この人魚の三線はカンカラ三線にしたのです。ちょうど沖縄のカンカラ三線奏者がいて彼の動画をいろいろ見た影響がありました。棹は通常の三線でないとわかりにくいので、通常の三線の棹をカンカラに差していると言う設定です。

琉球人魚の楽器を何にしようか?実は胡弓も候補だったのです。北斗の拳の作者の「花の慶次」と言う面白い作品があって、その中の「琉球の章」というものに沖縄の女性で胡弓を弾く「利沙」というヒロインが出てきます。この琉球人魚は「利沙」のイメージもあったので、胡弓にしようかとも思ったのですが、やはり沖縄ならわかりやすく三線かなということでカンカラ三線となりました。

最初は人魚ということで白い金髪の女性でしたが、やはりローラさんに似ているので、もう少し沖縄人に寄せようと思い、髪を黒にして見ました。人魚部分の模様もやや紅型に近くしてあります。頭の飾りは琉球舞踊の「前花」と紫のサージを巻いています。

サンゴは大浦湾に実際にあるものを一個づつ描いていこうと思いましたが、あまりに時間がかかるので、途中からは、こんな感じかなと想像で描いていっています。本当にリアルな大浦湾ではないですが。実際にクマノミ城と呼ばれるものがあるので、その城という言葉を広げていきたいなとも思いました。

またジュゴンとウミガメは描くことができませんでした。それは次回作に登場するのかまだわかりません。

上にはカヌーチームがいます。海の上でプラカードを掲げているんです。この辛い現実に目を向けるための作品でもあり、この辛い現実から逃避したいためのファンタジーでもあります。この辛い現実を知ってもらうためのきっかけになって欲しいというのが一番大きいかもしれません。

宮崎駿さんがアニメを作ってくれたらいいなあと、30秒のCMみたいなもの、ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫、みたい感じで、高江や辺野古を作品にしてくれたら。坂本龍一さんは「弥勒世果報」という作品を提供してくれた。あれは本当嬉しい。音楽はそれを使って。宮崎駿と坂本龍一の日本最強のコラボ。そんなことを夢見つつ。作った琉球人魚です。

この作品はレイアーになっています。アニメのように動かす予定です
スポンサーサイト