GODZILLA ゴジラ 75点

ゴジラです。ギャレス監督は前作はインディーズ映画「モンスターズ地球外生命体」だったから、突然超大作の監督になったわけで、ちゃんと監督できるんだろうかと心配していたんだけど、これがちゃんとした映画だったんで驚いた。監督って誰がなっても成立するものなのかね。編集や脚本や撮影監督とかいろんな人がいて自動的につくれてしまうものなのか?不思議だなあ。そしてちゃんと「モンスターズ地球外生命体」で感じたギャレス...

Mr.ビーン カンヌで大迷惑 85点

いまさらながらですが、Mrビーンって凄い面白いんですね。ドラマをちらっと見たことある程度だったので、この映画は嬉しい発見でした。まずマッシーはハリウッド大作系はそんなに好きではないんだよね。そういう作品の完成度は素晴らしいのだけど、みんな同じようなノリというか雰囲気というか、ちょっと見ただけで味わいがいっしょなので退屈してしまうんだよなあ。なのでフランスなどの非ハリウッド映画なんか見ると雰囲気が全く...

ゼログラビティ 90点

噂に違わず面白かった。ジュラシックパークやプライベートライアン、マトリックスなどと並ぶ新映像体験として映画史に残るだろうね。まず美しい地球。スペースシャトルの船外活動。リアルだ〜。ほんとに自分もそこにいるみたい。宇宙ってこんな感じなのかっていうとこが新鮮だ。そして長回し。ずっとカットがきれない。どうやって撮ってるんだろう?とかはもう途中から考えるのをやめた。全編いかにもCGっぽかったらやだなあと思っ...

LIFE 85点

雄大な景色のなかをスケボーで疾走する予告編で凄く面白そう!って思ってたんだけど、監督がコメディ俳優っていうイメージのベン・スティラーだし「トロピックサンダー」とか面白くなかったし、どんなかねえ、と見るの躊躇してましたが、これがまた凄いよかったです。予告編よりも面白かった。映像、全編に渡って凄くいいし、色味だけでなく構図もかっこいいし、グラフィカルなシーンもいろいろ。こんなセンスのいい映画とれる人だ...

きっとうまくいく 90点

うわ~これは面白い。大傑作です。インド映画でこんなのができるなんて凄いなあ~。歌って踊るてんこ盛りの映画ですが、もう「ムトゥ踊るマハラジャ」の時代じゃないんですね。脚本に演出、映像、役者の個性ともに世界最高レベル。発展するインドのエネルギーを感じにはいられない。舞台もエリート大学の話ですよ。また大学がこぎれいで、デザイン的にもセンスいいんだよねえ。主人公は天才的な頭脳をもった変わり者のランチョー。...

きっとここが帰る場所 85点

これはとてもいい映画だ。思ってたのとだいぶ違った。まずショーンペンはオカマではなく年老いたロッカー。スターだった当時のまんま化粧してて大人になりきれない大人。父危篤の知らせに何十年も帰ってないニューヨークの実家に向かう。彼の家系はユダヤ人で収容所にいた父はナチスの残党を探していた。その志を受け継ごうと車で旅に出る。そして彼自身の心も徐々に変化していく。アメリカの荒野を行くロードムービーでもあるのだ...

AppleTV使ってみて

AppleTVです。8000円ぐらいです。買いました。正直どういうものかよくわからない。映画は見れるみたいだ。リモコンが凄くかっこいい。微妙な凹凸。触った感触が気持ちいい!さすがAppleだ。テレビに繋いでみるとこういう画面がでてくる。映画は見れるみたい。亡くなったロビンウィリアムス追悼ということで「フィッシャーキング」を見ることにする。ジャンルからドラマ部門を探してみる。ない。ないなあーないのはおかしい。以前MA...

ダンサー・イン・ザ・ダーク95点

世間で賛否両論のような映画ってたいてい自分は気に入る作品が多いんだよね。だからといって救いがない展開が好きっていうわけではないので、この「ダンサー・イン・ザ・ダーク」も長らく放置していた。人からミュージカル映画なんだということを聞いて、ようやく見てみようかなとなったわけだ。(ネタバレします)凄い大傑作だった。そして幸いウツにもならなかった。あとミュージカルの部分があまりにも想像を超えていた。あの「...

エリジウム 80点

面白かった!ネットのレビューでの評価は今ひとつのようだけど。前作の「第9地区」が好きな人ならニール・ブロムカンプ監督がさらに進化たぜ!って感じをうけるんじゃないかな。普通は大作を任されると全然面白くない映画を撮らされてしまうものだが。二作目にして自分の個性をちゃんと押し出せたところが偉いぞ。未来世界のスラムはさらに規模が拡大して今までにないビジュアルイメージだ。奥行き感もさらにリアルになった。その...

トータルリコール新旧対決

見比べた結果やっぱ顔割れのバーホーベンの勝ち。チャチいけどダンオバノンの脚本がいい。トータルリコール(2012)70点 トータルリコール(1990)90点 もうリメイクすんの?と言う感じでそんなに時間がたってない気がするんだけど。よく考えたら23年もたっていた。自分も歳をとったということか〜。どんなかな〜と思いながら見たけど思ったよりは面白かったなあ。今の映画らしくしっかり作り込まれた世界観は凄いねえ。陰影も...

スタートレック・イントゥ・ダークネス 80点

面白いねえ。次々と展開していくストーリーにグイグイ引き込まれていく。SFらしさとエンタメが見事に融合しているなあ。ワクワク感があった。子供の頃にSF映画を見てワクワクした感じが蘇ってきたよ。なんだろう。この懐かしい感じ。といっても自分はスタートレックは全然見てなかったわけだけどね。冒険っていう感じがあるよねえ。事件の起き具合のテンポがいいんだよ。客の考える半歩先どんどん進んでいく感じ。心地いいです。タ...

ワールドウォーZ 70点

きっと面白くないんだろうなあ〜という予想に反して、これが、なかなかよかったさ〜。監督は「主人公は僕だった」「ネバーランド」のマークフォースター。こんなアクション大作もできるなんて驚き。この人はどんなタイプの映画でも作れるのか!?。テンポ早いですよ〜。序盤からすぐ盛り上がる。まずCMでもやっていた交通渋滞の向こう側からゾンビ軍団がやってくるオープニング。一体何が起こってるんだ〜という、この緊迫感。見事...

マンオブスティール 50点

ザック・スナイダー監督でクリストファー・ノーラン製作という最強コラボのはずなのに全然普通っぽい映画だったなあ。今の時代らしくダークな作風でスーパーマンのあのコスチュームもダークな感じになっててよかったのだが。やっぱ脚本があまり盛り上がるポイントがないんだよねえ。上映時間も長いんで序盤のクリプトン星の話はまるまるなくてもよかったんじゃないかと思う。スナイダー流の映像美もほとんどないしねえ。黒がずっし...

パシフィックリム 80点

これはもの凄い。日本物のコンテンツが映画化されるたびに期待しては裏切られてきたのだけど、要は才能のある監督が撮るかどうかなんだよな。パンズ・ラビリンスやヘルボーイ・ゴールデンアーミーのギレルモ・デル・トロ監督ならやってくれるかも、という期待をさらに上回る凄いゴージャスな出来。もう開始10分でお腹いっぱい。画面のギッシリ感が凄い。日本のロボットアニメからこんなものをつくってしまうとはね。巨大ロボが怪...

クロニクル 80点

とても新鮮な映画だったねえ。超能力を手にしてしまった3人の高校生。それをフェイクドキュメンタリーで見せるという演出方法が新しい。主人公がカメラを買って、自分の生活を記録するっていうことで映像を撮っていく。POVだけど手ぶれはあんまりないのでだいぶ見やすい。カメラを超能力で浮かせることができるので上からのアングルでも撮れる。これはナイスなアイディアだ。超能力を撮ってみた的なYOUTUBEの投稿動画のような感覚...

華麗なるギャッツビー 70点

バズラーマン監督は好きだしディカプリオ主演なのだがあまり興奮できなかった。パーティーシーンはスーパーゴージャスでまあスゴイのだがCGっぽい画面やカメラの動きにいまいちノレなかったかなあ。これで人間がマンガチッックにキメキメで突っ走ってくれればいいんだけど。ギャッツビーも笑顔で振り返る登場シーンはいいんだけど、その後、特に活躍しないし、カリスマチックでもないし。よかったのは最初のデートのときの狼狽ぶり...

マグノリア 70点

 ゼア・ウイル・ビー・ブラッドが迫力の演出だったポール・トーマス・アンダーソンの人間群像劇。新作のザ・マスターを見る前に見ておこうと思ったのだが雰囲気全然違うね。セリフが多くて、テンポがよくて、テンション高め。会話の部分、登場人物のやりとりがリアルで凄くひきこまれる。がなりたてる黒人のおばちゃんと警官の噛み合ない感じとか、カリスマナンパ伝道師トムクルーズのハイテンションな講演とか、10人以上の登場...

ダークシティ 95点

98年の映画だ。再度鑑賞。今見たら古いかなあ〜と思ったけど、あいかわらず面白かったねえ。マッシー映画殿堂入り決定です。この時期に作られたSFの中ではマトリックスの次に重要な傑作だと再認識。定番作だと思ってたらあんまり有名じゃあないみたいね。ツタヤの発掘良品にもでてたし。 太陽が昇らないダークシティ。「未来世紀ブラジル」みたいなレトロでヨーロッパっぽいダークな世界観。夜の12時になると人々は一斉に眠りに...

キャビン 60点

こちらは新作です。ひさびさに400円払った。いつもは旧作50〜100円なんで。凄い高額商品に感じたりして。安く済ましているんで申し訳ない気持ちも。たまには映画館もいかないとなあ。 ネットの超映画批評で90点という高得点の新感覚ホラー。ホラー映画の定石をネタにしたトゥルーマンショーのような感じが新しい。若者グループが山奥のキャビンに泊まりにいくと殺人鬼に襲われるという13金曜日などでおなじみの定番ストー...

ジャンゴ繋がれざる者 80点

タランティーノ監督。こんどは西部劇だ。オープニングから音楽もタイトルも昔の西部劇っぽくて画面にひきこまれる。毎回毎回、最初からワクワクさせてくれるよねえ。カメラをギュインとズームアップさせるとことか。昔のカメラワークをわざと取り入れたりするんだ。映画の作り方が自由自在だよなあ。今回は珍しく美女復讐ものではなかった。白人に虐げられてきた黒人の復讐です。黒人の歴史は悲惨だよ。死ぬまで戦わされる黒人デス...

ルーパー 90点

面白い。こんな映画だったのか。未来の犯罪組織は消したい人間をタイムマシンで現在に送る。それを殺すのがルーパーと言われる仕事。しかし送られてきたのは30年後の自分だった。あらすじだけ聞くとよくある感じがするだろう。おかげでスルーしてたんだけど、畑の中でズドンとやる意表をついたオープニングでこの映画ただものではないと一気に期待が膨らむ。そしてその興奮が最後まで持続する。「第9地区」「ミッション8ミニッ...

クラウドアトラス 80点

ウォシャウスキー監督の新作。6つのストーリが同時進行するという壮大なSF叙事詩。それぞれの物語を同じ役者が演じているというのが画期的だ。まるでトムハンクスやハルベリーが同じ劇団員でそれぞれ主役を変えながらいろんな劇を演じるているかのようだ。時代も奴隷商人の時代から100年後の未来までとスケールがでかい。それぞれのストーリーは細い糸で繋がっている。「奴隷商人」で書かれた航海日誌を「クラウドアトラス六重...

ライフ・オブ・パイ 70点

ある作家にインド人が不思議な体験を話して聞かせる。動物園をカナダに移動させるためインドから出発した船が遭難。奇跡的に一人生き残るも救命ボートにはなんと虎が同乗していた。不思議なストーリーだ。ボートにはトラの他にもシマウマ、オラウータン、ハイエナが乗る事になるからノアの箱船の表現なのかと思ったが、虎に全部食べられ、サバイバル映画となっていく。ほとんどが青年とトラしかでてこなくなる。リミットや127時間...